1部リーグ 第1節 20150425日()デンソー VS 伊予銀行

後攻

デンソー

12345678910111213R
伊予銀行             
デンソー             

20150425日(10:00 習志野市秋津野球場

先攻

伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】重藤恵理佳
敗戦投手【伊予銀行】内海花菜
打撃成績 【伊予銀行】《本》矢野輝美
【デンソー】《本》山澤葵《三》川畑瞳《二》山澤葵
バッテリー
伊予銀行●内海花菜-池田千沙
デンソー○重藤恵理佳、ジョリーン・ヘンダーソン-山澤葵

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打


 第1節千葉大会・第1日第1試合は、開幕節で勝利を飾ったチーム同士の対戦となり、伊予銀行が左腕の内海花菜、デンソーが今シーズン、「キャプテン」としてチーム引っ張る重藤恵理佳の先発で試合がはじまった。
 
 後攻のデンソーは初回、一死から2番・川畑瞳がレフト頭上を越えるフェンス直撃のスリーベース。3番・山根すずかの死球で一・三塁とし、4番・永吉理恵が内角高めの難しいボールをセンター前に「技あり」のタイムリー。あっさりと先取点を挙げた。
 
 デンソーは続く2回裏にも、この試合、スタメンに起用された「ルーキー」の8番・山澤葵が左中間に豪快なソロホームランを放ち、このまま一方的な試合展開になるかと思われた。
 
 しかし、3回裏の無死満塁のチャンスを逃すと、試合の流れが変わりはじめ、その直後の4回表に伊予銀行が反撃。「キャプテン」1番・山崎あずさがチーム初安打を放つと、2番・前川綾菜が確実に送り、一死二塁。ここで3番・矢野輝美が高めのライズをうまくかぶせると、打球は高々と舞い上がり、そのままフェンスを越え、試合を振り出しに戻す同点のツーランホームラン。「チームの顔」がそれに相応しい「仕事」をし、2-2の同点に追いついた。
 
 同点に追いつかれたデンソーは4回裏、この回先頭の8番・山澤葵が意表を突くセーフティーバントで出塁。盗塁、内野ゴロの間に三塁まで進塁し、1番・増山由梨が詰まりながらもライト前に落とす勝ち越しのタイムリー(写真は、4回裏、勝ち越しのタイムリーを放ったデンソー・増山由梨)。こちらも頼れる「チームリーダー」の一打で伊予銀行に傾きかけた試合の流れを引き戻した。
 
 1点を追う伊予銀行は、5回表の無死一・二塁のチャンスを生かせず、6回表、7回表もノーアウトのランナーを出し、懸命の反撃を試みたが、最後はリリーフしたデンソー・ジョリーン・ヘンダーソンに抑えられ、あと一歩およばなかった。

244
2015
4
25
04
25
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc