1部リーグ 決勝トーナメント 20211107日()トヨタ自動車 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】後藤希友
敗戦投手【ホンダ】アリー・カーダ
打撃成績 【ホンダ】《本》巽麗菜
【トヨタ】 
バッテリー
ホンダ●アリー・カーダ-棚町佳奈
トヨタ○後藤希友、モニカ・アボット-切石結女、峰幸代

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部決勝トーナメント・第2日第1試合「3位決定戦」は、前日(11月6日/土)、「決勝進出」をかけた「宿敵」ビックカメラ高崎 BEE QUEEN戦に0-2の完封負けを喫し、「敗者復活戦」に回り、この「3位決定戦」に勝ち、ビックカメラ高崎 BEE QUEENが待ち受ける「決勝進出」を果たし、「リベンジ」の機会をつかみたいリーグ戦2位のトヨタ自動車 レッドテリアーズと、リーグ戦「5位」ながら、リーグ戦4位の豊田自動織機 シャイニングベガ、リーグ戦「3位」の日立 サンディーバを撃破。いずれも延長タイブレークにもつれ込む緊迫の投手戦を制し、2試合連続1-0の完封で勝ち上がったHonda Revertaが対戦した。

 決勝トーナメントは、リーグ戦で順位が「上」となったチームに先攻・後攻の選択権が与えられるため、「2位」のトヨタ自動車 レッドテリアーズが「後攻」を選択し、試合が始まった。

 レッドテリアーズの先発は後藤希友。ここ福島での「東京2020オリンピック」メキシコ戦での「神リリーフ」で「覚醒」し、一躍名を上げた左腕が決勝進出をかけた「大事な一戦」の先発を託された。  その注目の立ち上がり、先頭打者を空振り三振に斬って取り、順調な滑り出しを見せたものの、2番・糟谷舞乃をストレートのフォアボールで歩かせ、3番・塚本蛍の空振り三振となる投球のとき、一塁走者が二塁盗塁に成功。いきなり得点圏に走者を背負ったが、4番・森山遥菜を見逃し三振。まずは無失点で試合をスタートさせた。

 Revertaの先発はアリー・カーダ。前日(11月6日/土)、2試合に連投。10イニングを投げている「右のエース」がこの試合も先発。こちらも先頭打者を見逃し三振に打ち取った後、四球の走者を出してしまったが、後続をショートフライ、空振り三振に斬って取り、無失点の滑り出しを見せた。

 試合が動いたのは3回裏、レッドテリアーズはこの回先頭の8番・古澤春菜が二遊間、センターに抜けようかという当たりを放ち、ショート・長谷川優理が回り込んでよく追いつき、一塁に送球したものの間に合わず、内野安打。次打者のピッチャーゴロの間に二塁へ進塁すると、1番・石川恭子のセカンド内野安打で一死一・三塁とチャンスを広げた。一塁走者がすかさず盗塁し、二・三塁とした後、2番・鎌田優希の打席でワンボールからの2球目、ヒットエンドランを敢行。これは空振りに終わったが、飛び出した三塁走者を刺そうとしたキャッチャーの送球が走者に当たってしまい、三塁走者が生還。まず1点を先制し、なお一死三塁のチャンスが続き、ヒットエンドランを失敗した鎌田優希が「名誉挽回」のタイムリー! 一・二塁間を痛烈に破る安打で三塁走者を迎え入れ、レッドテリアーズがこの回2点を先制した。

(※3回裏、レッドテリアーズは相手守備の乱れと鎌田優希のタイムリーで2点を先制!)

 一方、Revertaはレッドテリアーズの先発・後藤希友の前に打線が沈黙。4回までノーヒット、9三振を奪われ、手も足も出ない状態が続いた。ようやく5回表、この回から代わったモニカ・アボットから7番・巽麗菜が「チーム初安打」となるソロホームランを放ち、1点を返した。

(※Revertaは5回表、巽麗菜のソロホームランで1点を返し、1点差に迫ったが……)

 Revertaは1点差のまま、迎えた最終回、4番・森山遥菜が死球で出塁し、今大会「ラッキーガール」となっている菱谷香実を「代走」に起用(前日(11月6日/土)の豊田自動織機 シャイニングベガ戦では延長タイブレークの「代走」として起用され、決勝点のホームを踏み、日立 サンディーバ戦ではその「運」と「勢い」を買われ、スタメンに抜擢)が犠打、ピッチャーゴロの間に三塁まで進み、前の打席で本塁打を放っている7番・巽麗菜に打順が回る、という願ってもない場面を迎え、「何かが起こる⁉」予感はあったのだが……期待の巽麗菜はあえなく空振り三振に終わり、試合終了。レッドテリアーズが2-1で逃げ切り、決勝進出。3年ぶりの「王座奪還」まで「あと1勝」に迫り、「王者」ビックカメラ高崎 BEE QUEENと「再戦」することになった。

 敗れたRevertaは3位で終戦。昨年、一昨年と準優勝に終わり、「今年こそ初優勝!」をと誓ったシーズンだったが……リーグ戦では予想以上の「苦戦」を強いられ、ギリギリの「5位」で決勝トーナメント進出。リーグ戦4位、リーグ戦3位のチームを連破し、2年連続「準優勝」のチームの「地力」と「意地」を見せたが、「5位」からの「史上最大の下剋上」を現実のものとすることはできず……「初優勝」はまたしても「夢」と消えてしまった。

1974
2021
11
7
11
07
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc