1部リーグ 決勝トーナメント 20211106日()日立 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】アリー・カーダ
敗戦投手【日立】坂本実桜
打撃成績 【ホンダ】 
【日立】 
バッテリー
ホンダ○アリー・カーダ-棚町佳奈
日立●坂本実桜-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部決勝トーナメント・第1日第3試合は、リーグ戦15勝7敗、トヨタ自動車 レッドテリアーズと「同率」で並びながら「リーグ規程」に基づく順位決定により、「直接対決」の対戦結果は1勝1敗(0-3、2-0)、その対戦での得失点差(日立 サンディーバが-1、トヨタ自動車 レッドテリアーズが+1)で「3位」に甘んじた日立 サンディーバと、この日の第1試合でリーグ戦4位の豊田自動織機 シャイニングベガを延長タイブレークにもつれ込む熱戦の末、1-0で振り切り、「5位」からの「史上最大の下剋上」を目論み、その「第一歩」を踏み出したHonda Revertaが対戦。負ければその時点ですべてが終わってしまう……過酷な「サバイバルゲーム」での生き残り、明日(11月7日/日)の「3位決定戦」進出をかけて対戦した。

 決勝トーナメントは、リーグ戦で順位が「上」となったチームに先攻・後攻の選択権が与えられるため、「3位」の日立 サンディーバが「後攻」を選択し、試合が始まった。

 サンディーバ・坂本実桜、Reverta・アリー・カーダ、両先発投手が好投。Revertaが2回表、5番・長谷川優理の二遊間を抜く安打から二死三塁の先制機をつかんだものの、後続なく無得点。サンディーバもその裏、同じく5番・清原奈侑のセンター前ヒットから得点圏に走者を進めたが得点に結びつけることができず、その後はチャンスらしいチャンスも作れぬまま、ゼロ行進。両チーム無得点で延長タイブレークへともつれ込んだ。

 延長8回は両チーム得点なく、迎えた延長9回表、Revertaはこの回先頭の4番・森山遥菜が追い込まれながらもピッチャーを強襲する当たりを放ち、ショート・那須千春がカバーに入り、この打球に追いついたものの、どこにも投げられず無死一・三塁。一塁走者がすかさず盗塁し、二・三塁とチャンスを広げ、5番・長谷川優理の三塁ベンチギリギリに上がったファウルフライをサード・坂本結愛がよく追いつき、捕球したものの、そのまま競技場外へ出てしまい、R8-4項11「野手がボールインプレイの球を持ったまま、無意識に競技場外に出たとき」が適用され、「ボールデッド」「各走者に野手が競技場外に出たときに達していた塁から、さらに1個の安全進塁権が与えられる」ため、三塁走者には本塁への、二塁走者には三塁への安全進塁権が認められ、Revertaがついに1点を先制した。

(※Revertaは延長9回表、無死二・三塁から長谷川優理のファウルフライが「捕球後場外」となり、待望の先取点!)

 サンディーバもその裏、必死の反撃を試み、一死後、2番・那須千春の内野安打で一・二塁とし、「一打同点」「長打が出れば逆転サヨナラ」の場面を作ったものの、後続がピッチャーフライ、セカンドゴロに打ち取られ、試合終了。Revertaの「下剋上」を許し、リーグ戦順位から一つ順位下げ、「4位」で終戦。5年ぶりの決勝トーナメントの舞台から初日で姿を消すことになってしまった。

(※サンディーバは延長9回裏、一死一・二塁のチャンスをつかむも……後続なく試合終了!)
 
 勝ったRevertaは「3位以上」が確定。リーグ戦「5位」から「史上最大の下剋上」へ向け、熾烈なサバイバルゲームを生き残り、明日(11月7日/日)の「3位決定戦」でリーグ戦「2位」のトヨタ自動車 レッドテリアーズと決勝進出をかけ、対戦することになった。

1973
2021
11
6
11
06
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc