1部リーグ 第10節 20211024日()Honda VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
打撃成績 【豊田織機】《本》田井亜加音②、中川彩音
【ホンダ】《二》菱谷香実
バッテリー
豊田織機○ダラス・エスコベド、阿南恵子、秋元菜穂-チェルシー・グッドエーカー、菊池朋美
ホンダ●ジェイリン・フォード、竹田早希-棚町佳奈、安山涼香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第10節大分大会・第2日第2試合では、前日の日立 サンディーバ戦に2-0の完封勝利を収め、通算成績を13勝8敗(4位)に伸ばし、最終戦を残して「決勝トーナメント進出」(リーグ戦5位以上)を確定させたHonda Revertaと、同じく前日の伊予銀行 VERTZ戦に7-3で勝利し、通算成績12勝9敗(※デンソー ブライトペガサス、太陽誘電 ソルフィーユと並び同率5位)、この最終戦に勝利して「自力」での「決勝トーナメント進出」を決めたい豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。
 
 Revertaはジェイリン・フォード、シャイニングベガはダラス・エスコベドを先発投手に起用し、試合がスタート。
 
 初回、2回と両チーム得点を挙げることができず、迎えた3回表、シャイニングベガは一死から2番・中川彩音が四球で出塁。送りバントで二塁へ進むと、4番 チェルシー・グッドエーカーがレフト前に落とすタイムリーを放ち、1点を先取。なお二死一塁の場面で5番・田井亜加音がセンターへ豪快なツーランホームランを叩き込み、この回3点を先制。試合の主導権を握った。

(※シャイニングベガがチェルシー・グッドエーカーのタイムリー、田井亜加音のツーランホームランで3点を先制!)

 シャイニングベガは4回表にも四死球、バントヒット等で一死満塁と攻め立て、2番・中川彩音のセンターへの犠牲フライで1点を追加。5回表には代打・椛山奈々、1番・須藤志歩のタイムリー、2番・中川彩音のスリーランホームランで一挙5点、6回表にもRevertaの2番手・竹田早希から5番・田井亜加音がこの試合「2本目」となるソロホームランを放ち、10点目を加え、一方的な展開とした。
 
 投げては、先発登板した「エース」ダラス・エスコベドが4回2/3を被安打1の好投。その後、阿南恵子、秋元菜穂とつなぐ余裕の投手リレーで10-0と完封勝利を飾り、この最終節連勝。通算成績13勝9敗でリーグ戦終了となり、同日、決勝トーナメント進出を争っていた同率5位のデンソー ブライトペガサス、太陽誘電 ソルフィーユが敗れたこともあり、「自力」での「決勝トーナメント進出」が決定。最終的にはHonda Revertaも上回り(※両チーム13勝9敗となったが、最後は直接対決の成績(豊田自動織機 シャイニングベガが2勝0敗)によって順位が逆転した)、「リーグ戦4位」で決勝トーナメントに進むこととなった。

 一方、Revertaはこの最終戦に「まさか」の大敗。満を持して先発登板させたジェイリン・フォードが9四死球・9失点と試合を作れず……打線も散発3安打。なす術なく完敗を喫し、通算成績13勝9敗でリーグ戦を終了。シャイニングベガに勝敗で並ばれ、さらには直接対決の成績によって順位を一つ下げ、「リーグ戦5位」で決勝トーナメントの舞台に挑むことになった。

1968
2021
10
24
10
24
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc