1部リーグ 第10節 20211024日()伊予銀行 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】ケイラニ・リケッツ
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【日立】《本》鈴木鮎美《二》松岡くるみ、坂本結愛
【伊予銀行】 
バッテリー
日立坂本実桜、○ケイラニ・リケッツ-清原奈侑
伊予銀行●庄司奈々-安川裕美

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部の「最終節」となる第10節大分大会・第2日第1試合は、前日の豊田自動織機 シャイニングベガ戦に3-7で敗れ、通算成績8勝13敗(9位)となった伊予銀行 VERTZと、同じく前日のHonda Reverta戦に0-2の完封負けを喫し、通算成績14勝7敗(※トヨタ自動車 レッドテリアーズと並び同率2位)、決勝トーナメントを有利に戦える(敗者復活の権利を有する)「リーグ戦2位」の座をつかむためには、この最終戦の「勝利」が「絶対条件」となる日立 サンディーバが対戦。
 
 先攻のサンディーバは初回、一死から2番・松岡くるみがツーベースヒットで出塁すると、続く3番・鈴木鮎美がワンボール・ワンストライクからの3球目をとらえ、センターへ「会心の当たり」のツーランホームラン! 幸先良く2点を先制した。

(※サンディーバが鈴木鮎美のツーランホームランで先制!)

 守っては、初回の守りに入ると同時にDP/ケイラニ・リケッツが投手の守備を兼務。実質的な先発投手となり、VERTZ打線を散発3安打に抑え込む好投。初回に奪った2点のリードを最後まで守り抜き、完封勝利を飾り、通算成績15勝7敗でレギュラーシーズンの戦いを終了。しかし、同率2位のトヨタ自動車 レッドテリアーズも同日名古屋大会で勝利を挙げ、ともに15勝7敗となり、最終的に両チームの対戦得失点差によってリーグ戦の順位を決定することに。対戦得失点差では日立 サンディーバ「ー1」トヨタ自動車 レッドテリアーズ「1」でトヨタ自動車 レッドテリアーズが上回り、トヨタ自動車 レッドテリアーズの「リーグ戦2位」が決定。日立 サンディーバは「リーグ戦3位」という形で決勝トーナメントに臨むこととなった。

 一方、VERTZは初回に1番・本間紀帆がセンター前ヒットで出塁。盗塁、内野ゴロの間に三塁まで進んだが、頼みのクリーンナップ(3番・正木朝貴、4番・樋口菜美)が凡退。その後は得点圏にすら走者を進めることができず、0-2の完封負けを喫し、この最終節連敗。通算成績8勝14敗で最後大垣 ミナモに並ばれる状況となったものの、直接対決の成績(2勝0敗)で上回り、「リーグ戦9位」のまま今シーズンの戦いを終了した。

1967
2021
10
24
10
24
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc