1部リーグ 第10節 20211024日()シオノギ製薬 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】吉井朝香
敗戦投手【戸田中央】ジゼル・ヲーレス
打撃成績 【戸田中央】《二》加藤亜実
【シオノギ】 
バッテリー
戸田中央●ジゼル・ヲーレス、ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純
シオノギ○吉井朝香-氏丸陽南

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第10節名古屋大会・第2日第1試合は、前日(10月23日/土)の太陽誘電 ソルフィーユ戦で古藤優実が2本の本塁打を放ち1点差に迫ったものの、あと一歩及ばず3-4で敗れ、通算成績5勝16敗。11位のシオノギ製薬 ポポンギャルズと、トヨタ自動車 レッドテリアーズ戦で7回裏、堤加菜子の同点ホームランで延長タイブレークに持ち込みながら、最後は得点を奪えず力尽き、1-2で惜敗。通算成績9勝12敗で8位の戸田中央総合病院 メディックスが対戦した。
 
 ポポンギャルズは2回裏、メディックスの先発・ジゼル・ヲーレスをとらえ、一死から5番・戸村美紅がライト前ヒットで出塁し、すかさず盗塁。二死後、7番・氏丸陽南の二遊間を抜くタイムリーで二塁走者が還り、1点を先制した。
 
 一方、メディックスは、初回、2回表とポポンギャルズの先発・吉井朝香に無得点に抑えられていたが、先制された直後の3回表、一死から9番・松田愛実がセンター前ヒットで出塁し、二死後、一塁走者が盗塁に成功。2番・堤加菜子も四球で出塁し、一・二塁とすると、3番・加藤亜実が右中間を破るタイムリーツーベースを放ち、二者が生還! 2-1と逆転に成功した。

(※1点を追うメディックスは3回表、3番・加藤亜実のタイムリーツーベースで逆転に成功!)
 
 逆に1点を追う立場となったポポンギャルズはその裏、この回先頭の9番・横野聖奈が二遊間を破るヒットで出塁すると、続く1番・谷本奈々の四球、2番・小林美沙紀のファーストへの内野安打で無死満塁と攻め立て、3番・古藤優実への初球がワイルドピッチとなり、三塁走者がホームイン。労せずして同点に追いつき、古藤優実が高いバウンドでショートの頭上を抜けるタイムリーを放ち、二者生還。4-2と逆転に成功した!

(※1点を追うポポンギャルズは3回裏、古藤優実のタイムリー等で逆転。4-2と再びリードを奪った!)
 
 勝ったポポンギャルズは、一度は逆転を許したもののすぐにリードを奪い返し、そのリードを先発・吉井朝香が被安打3・奪三振7の好投で守り切り、4-2で勝利。通算成績6勝16敗の11位で順位に変動はなかったが、今シーズン最後の試合を白星で締めくくった。
 
 敗れたメディックスは今節連敗。第8節の「ホーム」で3連敗が響き、徐々に順位を落とす結果となり、最終的には通算成績9勝13敗の9位で今シーズンを終えることになった。

1965
2021
10
24
10
24
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc