1部リーグ 第10節 20211023日()日立 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】アリー・カーダ
敗戦投手【日立】ケイラニ・リケッツ
打撃成績 【ホンダ】《二》杉本梨緒
【日立】 
バッテリー
ホンダ○アリー・カーダ-棚町佳奈
日立坂本実桜、●ケイラニ・リケッツ、坂本実桜-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第10節大分大会・第1日第2試合では、前節終了時点で通算成績14勝6敗(2位)、この最終節の前に(※第9節を終えた時点で)決勝トーナメント進出を確定させた日立 サンディーバと、前節終了時点で通算成績12勝8敗(4位)、3年連続の決勝トーナメント進出へ「勝利を挙げること」が「絶対条件」となるHonda Revertaが対戦した。

 サンディーバは試合開始と同時にDP/ケイラニ・リケッツが投手の守備を兼務し、実質的な先発投手に。Revertaは「左右の外国人二枚看板」の一人、右のアリー・カーダを先発登板させ、必勝を期した。

 初回、2回と両チーム得点を挙げることができず、迎えた3回表、Revertaはこの回先頭の1番・杉本梨緒が左中間を破るエンタイトルツーベースで出塁。フィルダースチョイス、盗塁で無死二・三塁とすると、一死後、4番・森山遥菜がセンター前へタイムリーを放ち、1点先取。なお一死一・三塁のチャンスが続き、5番・長谷川優理もライト前に運ぶタイムリーを放ち、この回2点目を追加。試合の主導権を握った。

(※Revertaが3回表に森山遥菜、長谷川優理のタイムリーで2点を先制!)

 投げては、先発投手に起用されたアリー・カーダが持ち前の「速球」で押し、5回までノーヒットピッチングを展開。6回裏に初安打を許しはしたものの、「圧巻の1安打ピッチング」でサンディーバ打線を完封! 2-0で勝利を飾り、通算成績を13勝8敗に伸ばし、3年連続の「決勝トーナメント進出」(※リーグ戦5位以上)を確定させた。

 一方、サンディーバは実質的な先発投手となったケイラニ・リケッツが3回表に3本の長短打を集中され、2失点。頼みの打線も6回裏に1番・山口みどりが放った内野安打1本のみに抑え込まれ、完封負け。通算成績14勝7敗となり、同日名古屋大会で3位・トヨタ自動車 レッドテリアーズ(通算成績13勝7敗)が勝利したため、「同率2位に並ばれる」(※ともに通算成績14勝7敗)という状況になった。

1962
2021
10
23
10
23
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc