1部リーグ 第10節 20211023日()豊田自動織機 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【伊予銀行】《本》本間紀帆
【豊田織機】《本》中川彩音②、竹中真海
バッテリー
伊予銀行●庄司奈々、黒木美紀、庄司奈々-安川裕美
豊田織機○ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部の「最終節」となる第10節大分大会・第1日第1試合は、前節終了時点で通算成績11勝9敗(※3チーム並びの同率5位)、決勝トーナメント進出に向け「負けられない戦い」が続く豊田自動織機 シャイニングベガと、前節終了時点で通算成績8勝12敗(9位)、この最終節を連勝で締めくくり「一つでも上の順位」を狙う伊予銀行 VERTZが対戦。

 先攻のVERTZは初回、1番・本間紀帆が二遊間を破るヒットで出塁。盗塁、2番・松成あゆみのセンター前ヒットで無死一・二塁とすると、一死後、4番・樋口菜美も二遊間を抜き、二塁走者・本間紀帆が一気に本塁へ生還。1点を先制した。

 先取点を奪われたシャイニングベガだったが、その裏、一死から2番・中川彩音が「初球」を振り抜き、センターへソロホームラン! すぐに試合を振り出しに戻した。

 試合はその後両チーム追加点を挙げることができず、1-1のまま終盤に突入。
 迎えた5回裏、シャイニングベガは内野安打、四球で無死一・二塁とし、二死後、2番・中川彩音が再びセンターへスリーランホームラン‼ 一挙3点を奪い、勝ち越しに成功した。

 シャイニングベガは先発登板した「エース」ダラス・エスコベドが直後の6回表にツーランホームランを浴び、1点差に詰め寄られたものの、その裏、一死一・二塁から8番・竹中真海が「お返し!」と言わんばかりにライトへスリーランホームランを叩き込み、決定的な3点を追加。

(※6回裏、シャイニングベガ・竹中真海が「試合を決める」スリーランホームランを放つ!)

 守っては、ダラス・エスコベドが7回表のVERTZの攻撃をショートゴロ、空振り三振、センターフライと三者凡退に打ち取り、試合終了。一時ヒヤッとさせられる場面はあったが、「効果的な一発攻勢」で7-3と勝利を飾り、通算成績を12勝9敗とした(※同日山梨大会でデンソー ブライトペガサスが勝利、名古屋大会でも太陽誘電 ソルフィーユが勝利したため、3チーム並びの同率5位は変わらず)。

 一方、VERTZは初回先手を取りながら、追いつかれ、勝ち越しを許した後の6回表にも「追撃の一発」で1点差に迫る等「最後まで諦めない」戦いを繰り広げたのだが……庄司奈々、黒木美紀の投手陣がシャイニングベガの一発攻勢に沈み、勝利ならず。通算成績8勝13敗となった。

(※VERTZも6回表、本間紀帆のツーランホームランで1点差に詰め寄ったが……)

1961
2021
10
23
10
23
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc