1部リーグ 第10節 20211023日()シオノギ製薬 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】曽根はん奈
敗戦投手【シオノギ】信田沙南
打撃成績 【太陽誘電】《本》中溝優生
【シオノギ】《本》古藤優実②
バッテリー
太陽誘電○曽根はん奈、寺田愛友-西山しずく
シオノギ●信田沙南、吉井朝香-宇野有加里

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第10節名古屋大会・第1日第1試合は、前節(第9節)、「地元・兵庫」での伊予銀行 VERTZ戦で谷本奈々の本塁打等で「意地」の1勝を挙げ、通算成績5勝15敗で11位。「全員総力」で6勝目を狙うシオノギ製薬 ポポンギャルズと、通算成績11勝9敗で3チーム並びの「同率5位」につけ、3年ぶりの決勝トーナメント進出のために、残り2試合「勝つこと」で道を切り拓きたい太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 ポポンギャルズ・信田沙南、ソルフィーユ・曽根はん奈、両投手の先発で始まった試合が動いたのは3回表、ソルフィーユは二死から1番・中溝優生が初球を思い切り振り抜くと、打球はセンターのはるか頭上を超える特大のソロホームランとなり、1点を先取。チームを引っ張る「キャプテン」がホームランダービートップを走る「今シーズン第8号」の本塁打を放ち、1点を先制した。

 1点を先制したソルフィーユは4回表にも、二死から5番・佐藤みなみのレフト前ヒットと6番・永友遥の四球で一・二塁とし、代打・木下華恋の内野安打の間に代走に起用されていた二塁走者・中野怜奈が一気に本塁生還! さらに8番・西山しずくの四球で満塁とすると、代打・須田真琴が放ったショートゴロがエラーを誘い、三塁走者に続いて、二塁走者も本塁を陥れ、2点を追加。この回3点を追加し、4-0とリードを広げた。

(※ソルフィーユは4回表にも木下華恋のタイムリー内野安打と相手のエラー等で3点を奪い、リードを広げた。)

 4点を追うポポンギャルズはその裏、この回先頭の3番・古藤優実がツーボール・ツーストライクからの6球目をとらえ、レフトスタンドに運ぶソロホームランを放ち、まず1点を返した。
 ポポンギャルズは6回裏にも代打・氏丸陽南が死球で出塁すると、続く3番・古藤優実が今度はセンター頭上を越えるツーランホームランを放ち、1点差に迫った。さらに4番・竹林綾香と代打・大橋茜の連打で一・二塁と攻め立てたところでソルフィーユベンチが動き、ピッチャー交代。リリーフした寺田愛友が次打者をピッチャーゴロに打ち取り、一塁へ送球する間に走者がそれぞれ進塁し、一死二・三塁となった後、ポポンギャルズは7番・宇野有加里の打席でヒットエンドランを敢行。これが空振りとなり、飛び出した三塁走者が戻れず、タッチアウト。二死二塁と状況が変わり、結局、宇野有加里が四球で歩き、一・二塁としたものの、途中出場の8番・佐竹紫乃がファーストゴロに倒れ、スリーアウト。同点に追いつくチャンスを逃がしてしまった。

(※6回裏、ポポンギャルズは古藤優実のツーランホームランで1点差に迫り、なお一死二・三塁と攻め立てたが……ヒットエンドランの失敗で同点に追いつくチャンスを逃がす)

 このチャンスを逃がしたのが響いたか、ポポンギャルズは最終回、三者連続のセカンドゴロで三者凡退。1点差まで迫ったものの、決勝トーナメント進出へ「執念」を燃やすソルフィーユの前にあと一歩及ばず、試合終了。4点差をつけられても諦めず、追撃したが……1点差で涙を飲んだ。

 勝ったソルフィーユは通算成績12勝9敗の「同率5位」をキープ。とにかくまずは残り1試合に「勝利」し、決勝トーナメント進出の可能性を残した上で、他チームの結果を待ちたいところだ。

 敗れたポポンギャルズは、古藤優実が2打席連続の本塁打を放ったものの、チャンスにあと1本が出ず……通算成績5勝16敗の11位。最終戦を待たずに最終順位が確定した。

1959
2021
10
23
10
23
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc