1部リーグ 第9節 20211017日()伊予銀行 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】千葉咲実
敗戦投手【伊予銀行】黒木美紀
打撃成績 【シオノギ】《本》谷本奈々《二》谷本奈々
【伊予銀行】《本》樋口菜美
バッテリー
シオノギ○千葉咲実-竹林綾香
伊予銀行●黒木美紀、庄司奈々-安川裕美

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節豊岡大会・第2日第2試合は、ここまで8勝11敗の「同率8位」の伊予銀行 VERTZと、通算成績4勝15敗の11位、「地元・兵庫」での今節、何とか「1勝」を挙げ、「関西の老舗」チームの「意地」を見せたいシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 後攻のVERTZは初回、ポポンギャルズ・先発の千葉咲実の立ち上がりをとらえ、1番・樋口菜美がワンボールからの2球目を逆らわず右方向へ運ぶソロホームラン! ライト・谷本奈々が追いつき、一度はグラブに収めたかにも見えたが……無情にも打球はフェンスの向こう側にこぼれ落ち、いきなりの先頭打者本塁打となり、わずか2球で先取点を挙げた。

(※後攻のVERTZは初回、樋口菜美が先頭打者本塁打を放つ!)
 
 1点を先制されたポポンギャルズは、その直後の2回表、VERTZ・先発の黒木美紀を攻め、安打、犠打で一死二塁とし、7番・佐竹紫乃が同点のタイムリーを放ち、すぐに1-1の同点に追いついた。
 
 勢いに乗るポポンギャルズは続く3回表、1番・谷本奈々がセンター頭上を越える勝ち越しのソロホームラン! 2-1と逆転に成功した。

(※1-1の同点で迎えた3回表、ポポンギャルズは谷本奈々の本塁打で2-1と勝ち越し!)
 
 逆転に成功したポポンギャルズは4回表、5番・田島茉依が四球で出塁し、すかさず盗塁。二死後、8番・白石穂花も四球で歩き、二死一・二塁とした後、代打・加藤愛夢がセンター前にタイムリー! 二塁走者が還り、3-1と2点差にリードを広げた。
 
 一方、VERTZは初回いきなりの先頭打者本塁打で先取点を挙げたものの、2回以降は立ち直ったポポンギャルズ・千葉咲実を打ちあぐね、わずか1安打。最終回の代打攻勢も実らず、そのまま試合が終わってしまった。
 
 勝ったポポンギャルズは5勝目。「地元・兵庫」で「意地」の1勝を挙げ、通算成績5勝15敗とした。
 
 敗れたVERTZは今節連敗。通算成績8勝12敗で9位となり、順位を一つ落とす結果となった。

1956
2021
10
17
10
17
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc