1部リーグ 第9節 20211017日()トヨタ自動車 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】アリー・カーダ
敗戦投手【トヨタ】三輪さくら
打撃成績 【ホンダ】《二》杉本梨緒
【トヨタ】《本》切石結女《二》山崎早紀
バッテリー
ホンダ○アリー・カーダ-棚町佳奈
トヨタ●三輪さくら、江渡祐希、モニカ・アボット-切石結女、峰幸代

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節豊岡大会・第2日第1試合は、ここまで13勝6敗の「同率2位」、3年ぶりの「王座奪還」をめざすトヨタ自動車 レッドテリアーズと、通算成績11勝8敗の「同率4位」、決勝トーナメント進出「圏内」にはあるものの、「大混戦」の中、激しい順位争いを繰り広げるHonda Revertaが対戦した。
 
 Revertaは3回表、レッドテリアーズの先発・三輪さくらをとらえ、一死から連続四死球で一・二塁とし、次打者のセンターフライの間にタッチアップから走者がそれぞれ進塁。二死ながら二・三塁とチャンスを広げ、6番・下村歩実が先制のタイムリー! 二者が還り、Revertaが2点を先制した。

(※Revertaは3回表、二死二・三塁から下村歩実のタイムリーを放ち、2点を先制!)
 
 一方、レッドテリアーズは、Reverta・先発の「右のエース」アリー・カーダから走者は出すものの、得点に結びつけることができず、2回裏の二死三塁、3回裏の一死二・三塁の好機も「あと一本」が出ない。
 ようやく5回裏、この回先頭の8番・切石結女がレフトスタンドへ追撃のソロホームラン! 1点差に詰め寄り、ここから「反撃開始」かと思われた。

(※レッドテリアーズは5回裏、切石結女が追撃のソロホームランを放つ!)
 
 しかし……6回裏、7回裏は三者凡退。7回裏に至っては「何とかしなくては……」の気持ちが強過ぎたのか、三者三振で試合終了! Revertaが2-1で逃げ切り、今節連勝。いずれも2-1とロースコアのクロスゲームを制し、通算成績12勝8敗と星を伸ばし、決勝トーナメント進出「圏内」の単独4位となった。
 
 敗れたレッドテリアーズは7敗目。通算成績13勝7敗となり、この日、「同率2位」に並んでいた日立 サンディーバが大垣大会の第2試合で勝ったこともあり、3位に転落。順位を一つ落とし、決勝トーナメント進出決定も最終節に持ち越しとなってしまった。

1955
2021
10
17
10
17
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc