1部リーグ 第9節 20211017日()豊田自動織機 VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【デンソー】メーガン・グッド
打撃成績 【デンソー】《本》小島あみ《二》洲鎌夏子
【豊田織機】《本》須藤志歩、金江爽友②
バッテリー
デンソー●メーガン・グッド、カーリー・フーバー-小島あみ
豊田織機○ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節大垣大会・第2日第1試合は、前日(10月16日/土)の大垣 ミナモ戦で終盤の猛追及ばず3-4の1点差で敗れ、ここまで10勝9敗。決勝トーナメント進出「圏外」の7位にまで順位を落としてしまった豊田自動織機 シャイニングベガと、「2位」日立 サンディーバに「レジェンド」山田恵里の決勝打等で3-2と競り勝ち、通算成績11勝8敗とし、3チーム並びの「同率4位」となったデンソー ブライトペガサスが、上位争い「生き残り」をかけて対戦した。

 後攻のシャイニングベガは初回、ブライトペガサス・先発のメーガン・グッドの立ち上がりをとらえ、1番・須藤志歩が「初球」を狙い、先頭打者ホームラン! 大事な試合の「先取点」を一振りでもたらすと、一死後、3番・金江爽友にもソロホームランが飛び出し、この回2点目。チームを引っ張る「キャプテン」が、この試合「絶対に勝つんだ!」の意気込みがほとばしる「一発」を放ち、シャイニングベガが初回に2点を先制した。

(※後攻のシャイニングベガは初回、須藤志歩、金江爽友の2本の本塁打で2点を先制!)

 初回に2点を先制されたブライトペガサスは、シャイニングベガ・先発のダラス・エスコベドから初回、2回表と安打を放つものの得点なく、3回表には9番・白石望美、2番・吉田彩夏、3番・山田恵里が安打を放ち、一死満塁と攻め立てながら、4番・佐野由貴美が「最悪」のサードゴロゲッツー。5-2-3とわたるダブルプレーとなり、どうしても得点を挙げることができない。

 ブライトペガサスはようやく4回表、この回先頭の5番・小島あみがライトスタンドへ運ぶソロホームラン! 打った瞬間「ホームラン」とわかる「完璧」な当たりをライトスタンドに突き刺し、1点差に詰め寄った。

(※ブライトペガサスは4回表、小島あみのソロホームランで1点を返したが……)

 一方、シャイニングベガは、初回にソロホームランを2発被弾し、さらに二死満塁のピンチを招いたところで早々と降板してしまったメーガン・グッドの後を受け、ロングリリーフしていたカーリー・フーバーに手を焼き、追加点を奪えずにいたが、ようやく5回裏、簡単に二死を取られた後、3番・金江爽友がこの試合2本目となるソロホームランを放ち、貴重な追加点。3-1と再び2点差にリードを広げた。

 ブライトペガサスも必死の反撃を試み、最終回、7番・榎本千波がこの試合自身2本目となる安打を放ち、二死ながら得点圏に走者を進める「粘り」を見せたが、「最後の打者」が見逃しの三振に倒れ、試合終了。シャイニングベガが3-1で逃げ切り、通算成績11勝9敗とし、3チーム並びの「同率5位」。上位争いにギリギリのところで踏み止まり、最終節に「決勝トーナメント進出」の望みをつないだ。

 敗れたブライトペガサスも11勝9敗。勝てば「決勝トーナメント進出」がグッと近づく「大事な一戦」だったが……先発を任されたメーガン・グッドが初回に2本のホームランを浴び、1回持たずに途中降板。打線も相手を上回る7安打を放ちながら得点は本塁打による1点のみ……と誤算続きの試合となってしまい、大事な試合を落とし、最終節まで「大混戦」の渦中で戦うことになってしまった。

1953
2021
10
17
10
17
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc