1部リーグ 第9節 20211017日()日本精工 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【日本精工】山田玲菜
打撃成績 【戸田中央】《本》江口未来子、鬼澤麻純
【日本精工】《本》田中瑠莉《二》沢柚妃
バッテリー
戸田中央○ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純
日本精工●山田玲菜、中村美樹-重石華子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節高崎大会・第2日第1試合は、ここまで3勝16敗で「最下位」と苦しむ日本精工 Brave Beariesと、通算成績8勝11敗で「同率8位」の戸田中央総合病院 メディックスが対戦した。
 
 先攻のメディックスは初回、Brave Bearies・先発の山田玲菜の立ち上がりをとらえ、1番・江口未来子がセンター頭上を越えるソロホームラン。いきなりの「一発」で試合の流れを引き寄せると、2番・堤加菜子が一塁強襲安打で出塁。一死後、4番・數原顕子のライト前ヒットで一塁走者が三塁まで進塁。一・三塁とチャンスを広げると、5番・田中江理奈がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。さらに続く6番・鬼澤麻純にもツーランホームランが飛び出し、初回いきなり4点を先制した。

(※先攻のメディックスは初回、2本の本塁打と犠牲フライでいきなり4点を先制!)
 
 一方、Brave Beariesはメディックス・先発のジョーダン・テーラーの前に打線が沈黙。5回まで四死球の走者を出しただけでノーヒットが続いた。ようやく6回裏、代打・田中瑠莉が「チーム初安打」となるソロホームランを放ち、1点を返すと、四死球等で二死ながら一・二塁とし、5番・沢柚妃の右中間二塁打で塁上の走者を一掃し、2点を追加。この回3点を返し、1点差に詰め寄った。

(※Brave Beariesは6回裏、田中瑠莉の代打本塁打、沢柚妃の適時二塁打で3点を返す)
 
 1点差まで追い上げたBrave Beariesは最終回、必死の反撃を試みるが、三者連続の空振り三振でゲームセット! メディックスが4-3の1点差で逃げ切り、通算成績9勝11敗で8位となった。
 
 敗れたBrave Beariesは3勝17敗。残り2試合、最終節で何とか「意地」を見せたいところだ。

1951
2021
10
17
10
17
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc