1部リーグ 第9節 20211016日()Honda VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】アリー・カーダ
敗戦投手【シオノギ】吉井朝香
打撃成績 【シオノギ】 
【ホンダ】《本》森山遥菜《二》菱谷香実
バッテリー
シオノギ●吉井朝香-氏丸陽南
ホンダジェイリン・フォード、○アリー・カーダ-棚町佳奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節豊岡大会・第1日第2試合は、通算成績10勝8敗の「同率4位」、前節(第8節)、「ホーム」で下位チームを相手に思わぬ「不覚」をとり、連敗。残り2節・4試合で「ラストスパート」をかけたいHonda Revertaと、ここまで4勝14敗の11位、「地元」兵庫での今節、「意地」を見せたい「浪速の老舗」シオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。

 先攻のポポンギャルズは初回、Revertaの先発・ジェイリン・フォードから1番・谷本奈々が四球を選び、出塁。犠打、セカンドゴロの間に三塁まで進み、4番・戸村美紅のピッチャーゴロがエラーを誘い、幸運な先取点を挙げた。

(※先攻のポポンギャルズは初回、相手守備の乱れから先取点を挙げる)

 Revertaはその裏、ポポンギャルズ・先発の吉井朝香の立ち上がりを攻め、一死から2番・塚本蛍の安打、3番・森山遥菜の四球で一・二塁とし、二死後、5番・長谷川優理が三塁強襲安打を放ち、二塁走者が本塁突入を試みたが、タッチアウト。同点に追いつくことはできなかった。

 ポポンギャルズはその後もRevertaの「左のエース」ジェイリン・フォードの制球の乱れにつけ込み、四球の走者を出し、塁上を走者が賑わすものの、決定打を奪えず、4回表から「右のエース」アリー・カーダにスイッチされると状況が一変。4回表、5回表、6回表と三者凡退。一人の走者も出せない状況が続いた。

 これで試合の流れが変わったか、6回裏、Revertaはこの回先頭の3番・森山遥菜がレフトスタンドへ「起死回生」の同点ソロホームラン! 好投のポポンギャルズ・吉井朝香をついにとらえ、「主砲」の一振りで試合を振り出しに戻した。

 これで息を吹き返したRevertaは、7回表、必死の「代打攻勢」を仕掛けるポポンギャルズの攻撃をアリー・カーダがまたしても三者凡退に抑えると、その裏、代打・菱谷香実がショート、レフト、センターのちょうど真ん中にポトリと落ちる幸運な安打を放ち、思い切りの良い走塁で二塁打とし、チャンスメイク。次打者の犠打で三塁へ進み、二死後、2番・塚本蛍が打ち上げたフライを、サード、ショートが交錯し、落球。この間に三塁走者が還り、サヨナラ。あっけない幕切れでRevertaが2-1で勝利を収めた。

(※Revertaは1-1で迎えた最終回、二死三塁から相手守備の乱れでサヨナラ勝ち!)

 勝ったRevertaは11勝8敗。「総力戦」で勝利をつかみ、3チーム並びではあるものの、決勝トーナメント進出「圏内」にある「同率4位」の座を守った。

 敗れたポポンギャルズは4勝15敗。この試合も上位争いを演じるチームと「互角」に渡り合いながら最後は自らの守備の乱れからサヨナラ負け。試合内容は決して悪くないだけに……残り3試合、「ポポンギャルズらしい試合」を期待したい。

1950
2021
10
16
10
16
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc