1部リーグ 第9節 20211016日()大垣 ミナモ VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ミナモ】エレン・ロバーツ
敗戦投手【豊田織機】長谷川鈴夏
打撃成績 【豊田織機】《本》大平あい《二》竹中真海
【ミナモ】《二》田立梨子、須藤麻里子
バッテリー
豊田織機●長谷川鈴夏、ダラス・エスコベド-椛山奈々、チェルシー・グッドエーカー
ミナモ○エレン・ロバーツ、中山日菜子-田立梨子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節大垣大会・第1日第2試合は、ここまで6勝12敗の10位、前節(第8節)最終戦の戸田中央総合病院 メディックス戦に延長タイブレークの末、1-0の完封勝利を飾り、ようやく後半戦再開後、「初白星」を挙げ、「ホーム」で連勝を狙う大垣 ミナモと、通算成績10勝8敗の「同率4位」、決勝トーナメント進出「圏内」にあるとはいえ、ここが「正念場」、上位争いに踏み止まるためには「絶対に負けられない」豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。
 
 大垣 ミナモは2回裏、シャイニングベガ・先発の左腕・長谷川鈴夏を攻め、この回先頭の4番・リサ・モールデンがライト前ヒットで出塁。すかさず代走・井上美樹を送り、犠打、イリーガルピッチで三塁まで進塁し、6番・田立梨子がヒットエランドランを決め、三塁走者が生還。先取点を挙げ、「ホーム」の大応援団を沸かせた。
 
 大垣 ミナモは4回裏にも、一死から再出場した4番・リサ・モールデンがレフト前ヒットで出塁。5番・内田小百合も一・二塁間を抜く安打で続き、一・二塁とすると、6番・田立梨子が左中間へタイムリーツーベース! 貴重な追加点を挙げた。
 たまらずシャイニングベガベンチが動き、「エース」ダラス・エスコベドを投入。しかし……大垣 ミナモの「勢い」を止めることができず、代打・長井美侑がセンターへキッチリと犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。これに相手守備のミスも絡み、三塁走者に続き、二塁走者もホームイン。この回3点を挙げ、4-0と大きくリードを広げた。

(※大垣 ミナモは4回裏、田立梨子の適時二塁打、伊藤梨里花の犠牲フライで3点を追加し、4-0とリード!)

 一方、5回まで大垣 ミナモの先発・エレン・ロバーツに無得点に抑えられていたシャイニングベガは6回表、二死走者なしから安打、死球で一・二塁とし、7番・大平あいのスリーランホームランでアッという間に1点差に追い上げ、最終回、代わった中山日菜子に先頭打者がピッチャーゴロに打ち取られたか……と思われたが、一塁へ悪送球で無死二塁とする等、「同点」「逆転」へのムードは最高潮に高まったが……後続がショートフライ、キャッチャーフライ(セーフティーバントの小フライ)、ライトフライに倒れ、万事休す。上位争いに生き残るためには「絶対に落としてはいけない試合」に4-3と競り負け、通算成績10勝9敗、決勝トーナメント進出「圏外」の7位まで順位を落としてしまった。

(※シャイニングベガは終盤、1点差まで追い上げたが……)

 勝った大垣 ミナモは7勝12敗。順位こそ変わらなかったが、チーム一丸の「総力戦」を1点差で逃げ切り、「ホーム」の大応援団の前で嬉しい勝利を挙げ、喜びを分かちあった。

1948
2021
10
16
10
16
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc