1部リーグ 第9節 20211016日()太陽誘電 VS 日本精工

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】寺田愛友
敗戦投手【日本精工】山田玲菜
打撃成績 【日本精工】 
【太陽誘電】《本》原田のどか、永友遥《三》川村莉沙
バッテリー
日本精工●山田玲菜、中村美樹-重石華子
太陽誘電○寺田愛友、山口美紀-西山しずく

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節高崎大会・第1日第2試合は、前節(第8節)、快調に3連勝! 通算成績10勝8敗の「同率4位」まで順位を上げ、「ホーム」開催の今節、さらに「上」を狙う太陽誘電 ソルフィーユと、ここまで3勝15敗の「最下位」、残り2節・4試合で「最下位脱出」を図る日本精工 Brave Beariesが対戦した。
 
 ソルフィーユは2回裏、Brave Bearies・先発の山田玲菜をとらえ、この回先頭の4番・原田のどかが先制のソロホームラン! 「金メダリスト」の一発で猛攻の口火を切ると、5番・佐藤みなみ、6番・永友遥、7番・松木瑛里の3連打等で1点を追加し、8番・竹田采実、9番・西山しずくの連続四球で押し出し。さらに1点を加え、ここでBrave Beariesが投手交代。中村美樹が登板したが、1番・中溝優生のライトファウルフライが犠牲フライとなり、三塁走者が生還。2番・川村莉沙にも二者を還すタイムリーが飛び出し、この回大量6点を先制した。

(※ソルフィーユは2回裏、原田のどかの本塁打を含む5安打を集中し、6点を先制!)
 
 守っては、先発・寺田愛友が好投。5回までBrave Bearies打線をわずか2安打に抑え込み、無失点。しっかりと試合を作り、先発の役割を十分に果たすと、打線もそれに応え、5回裏、再び爆発! 5番・永友遥の本塁打を含む長短4安打を集中し、4点を追加。6回表からは山口美紀が登板し、2イニングを無失点で抑え、10-0と大勝。二桁11安打・10得点と打ちまくり、通算成績11勝8敗とし、3チーム同率ながら決勝トーナメント進出「圏内」である「4位」の座を守った。
 
 敗れたBrave Beariesは3勝16敗。一気に「上位戦線」に割り込み、「快進撃」を続けるソルフィーユの「勢い」に飲み込まれ、投手陣が早々に大量失点。打線もわずか3安打では打つ手がなく、大差で「完敗」を喫した。

1946
2021
10
16
10
16
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc