1部リーグ 第8節 20211010日()日立 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】ケイラニ・リケッツ
敗戦投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
打撃成績 【豊田織機】 
【日立】《二》屋禰未奈
バッテリー
豊田織機●ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー
日立坂本実桜、○ケイラニ・リケッツ-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節横浜大会・第2日第2試合は、前日(10月9日/土)のトヨタ自動車 レッドテリアーズとの「同率2位」で並ぶチーム同士の「直接対決」で、後半戦再開後「無失点」を続けてきたレッドテリアーズ・後藤希友からケイラニ・リケッツが「値千金」の一発を放ち、田内愛絵里、坂本実桜とつなぐ投手リレーでそのリードを守り切り、2-0の完封勝ち。通算成績12勝5敗で「単独2位」となった日立 サンディーバと、ここまで10勝7敗で「同率4位」、上位を争う「ライバル」を「直接対決」で叩き、さらに「上」を狙う豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。

 サンディーバは初回の守備につくと同時に、「7番・DP」に入っていたケイラニ・リケッツがFP・坂本実桜のピッチャーの守備を兼務。「実質的な先発投手」となり、先頭打者に死球を与えたものの、次打者を「注文通り」のセカンドゴロに打ち取り、4-6-3とわたるダブルプレー。3番・チェルシー・グッドエーカーの火の出るような当たりもショート・那須千春が巧みにさばき、結果的に三人で攻撃を終了する好調な滑り出しを見せた。

 シャイニングベガの先発・ダラス・エスコベドもその裏、2番・那須千春にセンター前ヒットを打たれたものの、落ち着いて後続を断ち、こちらも無失点で試合をスタートさせ、投手戦になるかと思われた。

 しかし、その予想は裏切られ、2回に早くも試合が動く。サンディーバは2回裏、一死から6番・高瀬沙羅が四球を選び、出塁。二死後、この試合「8番・サード」でスタメン起用された屋禰未奈が前進守備のレフト頭上を抜く二塁打。一塁走者が一気に還り、思わぬ「伏兵」の一打でサンディーバが先取点を挙げた。

(※サンディーバは2回裏、「伏兵」屋禰未奈の適時二塁打で先取点を挙げる)

 その後は両投手が好投。一歩も譲らぬ投げ合いとなり、シャイニングベガは4回までノーヒット。なかなか反撃の糸口をつかめずにいたが、ようやく5回裏、一死から5番・田井亜加音が「チーム初安打」となる内野安打を放ち、出塁したが、後続がピッチャーゴロ、セカンドゴロに打ち取られ、チャンスを活かせず。6回表にも9番・金田汐央里が三遊間を抜く安打を放ったが、後続なく無得点。最終回にも相手守備の乱れから先頭打者が出塁し、2つの内野ゴロの間に三塁まで進んだが、最後の打者がピッチャーゴロに倒れ、万事休す。1点が遠く、無念の完封負け。通算成績10勝8敗となり、上位争いから一歩後退。「同率5位」に順位を下げた。

(※シャイニングベガは最終回、二死三塁の「一打同点」のチャンスを作ったが……)

 勝ったサンディーバは13勝5敗。「ホーム」開催の今節、上位を争う「ライバル」を直接対決で叩き、連勝。「単独2位」の座を守り、2016年以来となる5年ぶりの「決勝トーナメント進出」に大きく前進した。

1944
2021
10
10
10
10
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc