1部リーグ 第8節 20211010日()トヨタ自動車 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】三輪さくら
敗戦投手【シオノギ】千葉咲実
打撃成績 【シオノギ】 
【トヨタ】《本》下山絵理《二》古澤春菜
バッテリー
シオノギ●千葉咲実-竹林綾香
トヨタ○三輪さくら、後藤希友-切石結女

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節横浜大会・第2日第1試合は、前日(10月9日/土)の日立 サンディーバとの「同率2位」で並ぶチーム同士の「直接対決」に敗れ、通算成績11勝6敗の3位となったトヨタ自動車 レッドテリアーズと、ここまで4勝13敗で11位、前日(10月9日/土)も豊田自動織機 シャイニングベガを「あと一歩」のところまで追い詰めながら3-4で敗れ、思うように勝ち星を伸ばせずにいるシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。

 試合はレッドテリアーズ・三輪さくら、ポポンギャルズ・千葉咲実、両先発投手が好投。息詰まる投手戦となった。

 レッドテリアーズは2回裏、5番・山崎早紀、7番・古澤春菜の三遊間安打で二死一・二塁と得点圏に走者を送ったものの得点なく、3回裏にも、3四死球等で二死ながら満塁と攻め立てたが、力投を続けるポポンギャルズ・千葉咲実から「決定打」を奪えず、無得点。「ここ一番」での「タイムリー欠乏症」が続き、得点を挙げることができない。

 一方、ポポンギャルズもレッドテリアーズ・三輪さくらに完全に抑えられ、5回まで一人の走者も出せず、「完全試合」ペースで試合が進む。ようやく6回表、代打・田島茉依がセンター前ヒットにクリーンヒット。「チーム初安打」を放ったが、せっかくノーアウトのランナーを出しながら盗塁失敗等もあり、チャンスを活かすことができず、ゼロ行進が続く。

 両チーム無得点のまま、迎えた6回裏、この回先頭の4番・下山絵理が好投を続ける千葉咲実の投じた78球目をとらえ、右中間に運ぶ先制のソロホームラン! 試合の膠着状態を打ち破る「値千金」の一発を放った。

(※6回裏、レッドテリアーズは下山絵理のソロホームランで待望の先取点!)

 レッドテリアーズは最終回、先発・三輪さくらに代わり、後藤希友を投入する「盤石」の投手リレー。その後藤希友は代打・古藤優実に安打を許したものの、落ち着いて後続を断ち、最少得点差を守り切り、1-0の完封勝利。通算成績12勝6敗とし、3位の座を守った。

 敗れたポポンギャルズは4勝14敗。この試合も先発・千葉咲実が好投しながら打線の援護がなく、0-1の完封負け。今節2試合とも上位チームを相手に互角の試合を演じたものの、勝ち星に結びつけることができなかった。

1943
2021
10
10
10
10
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc