1部リーグ 第8節 20211010日()太陽誘電 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】曽根はん奈
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【戸田中央】《二》江口未来子、田中江理奈
【太陽誘電】 
バッテリー
戸田中央湯川いずみ、●ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純
太陽誘電○曽根はん奈-西山しずく

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節川口大会・第2日第2試合は、ここまで8勝8敗の勝率5割で「暫定7位」、「後半開幕節」の試合が新型コロナウイルス感染症の影響で中止となり、1試合消化試合数の少ない太陽誘電 ソルフィーユと、こちらも同じく「後半開幕節」の試合が中止となった影響で1試合消化試合数が少なく、8勝8敗で「暫定」の「同率7位」に並び、「貯金」がなくなった状態から「ホーム」で「Re:START」を誓う戸田中央総合病院 メディックスが対戦した。
 
 先攻のメディックスは初回、ソルフィーユ・先発の曽根はん奈の立ち上がりをとらえ、1番・江口未来子がいきなりの二塁打。次打者のセカンドゴロで三塁へ進塁し、二死後、4番・數原顕子が四球で歩き、一・三塁とした後、5番・堤加菜子が先制のタイムリーを放ち、メディックスが幸先よく先取点を挙げた。

(※先攻のメディックスは初回、堤加菜子のタイムリーで1点を先制!)
 
 1点を先制されたソルフィーユもその裏、すぐに反撃。メディックスの先発・湯川いずみを攻め、1番・中溝優生がレフト前ヒットを放ち、反撃の口火を切ると、2つの内野ゴロの間に三塁まで進み、4番・原田のどかが同点のタイムリー! 1-1の同点に追いついた。
 
 ソルフィーユは3回裏、この回先頭の9番・西山しずくが四球で出塁。1番・中溝優生の安打で無死一・二塁となったところで、メディックスベンチが動き、早目の投手交代に踏み切り、「エース」ジョーダン・テーラーを投入。後続をセンターフライ、空振り三振、ライトフライに抑え、得点を許さない。
 
 一方、メディックスも4回表、二死から6番・田中江理奈が二塁打を放つが得点なく、続く5回表にも、安打、四球、敵失で無死満塁としながらホームゲッツーでチャンスを潰す等、両チームとも走者は出すものの、得点に結びつけることができず、1-1の同点のまま、延長タイブレークに突入した。
 
 延長8回表、メディックスが3番・水戸久瑠実の犠牲フライで1点を勝ち越せば、その裏、ソルフィーユも5番・佐藤みなみの適時内野安打で同点に追いつき、2-2で迎えた延長9回表、メディックスはタイブレークの走者を5番・堤加菜子のファーストゴロの間に三塁へ進め、6番・田中江理奈のレフトフライで本塁突入を試みたが、レフト・原田のどかの好返球とキャッチャー・西山しずくの身体を張った気迫あふれるプレーでタッチアウト。メディックスに得点を与えず、その裏の攻撃に入った。
 ソルフィーユは延長9回裏、9番・西山しずくが故意四球で歩かされ、無死一・二塁と塁を詰めたが、1番・中溝優生がセンター前へサヨナラ安打。チームを引っ張る「キャプテン」の劇的な一打で熱戦に終止符を打ち、3-2で競り勝ち、通算成績を9勝8敗とした。

(※ソルフィーユは延長9回裏、「キャプテン」中溝優生のサヨナラ安打で劇的勝利!)
 
 敗れたメディックスは「ホーム」で連敗。通算成績8勝9敗と勝利5割を切り、「借金生活」となってしまった。

1942
2021
10
10
10
10
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc