1部リーグ 第8節 20211009日()シオノギ製薬 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】長谷川鈴夏
敗戦投手【シオノギ】吉井朝香
打撃成績 【豊田織機】 
【シオノギ】 
バッテリー
豊田織機○長谷川鈴夏-椛山奈々
シオノギ●吉井朝香-氏丸陽南

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節横浜大会・第1日第1試合は、ここまで4勝12敗の11位。前節(第7節)の日本精工 Brave Beariesとの「直接対決」を6-4で制し、何とか「最下位転落」を免れたシオノギ製薬 ポポンギャルズと、通算成績9勝7敗の5位、ギリギリのところで決勝トーナメント進出「圏内」に踏み止まっている豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。
 
 後攻のポポンギャルズは初回、シャイニングベガ・先発の長谷川鈴夏の立ち上がりを攻め、1番・谷本奈々の四球、2番・小林美沙紀の内野安打で無死一・二塁とし、3番・戸村美紅のセンターフライで二塁走者がタッチアップから三塁へ進塁。この間に一塁走者も二塁を狙ったが、これがタッチアウトとなり、二死三塁と状況が変わり、チャンスを潰したかに見えた。しかし……4番・竹林綾香への2球目がパスボールとなり、労せずして三塁走者が生還。ポポンギャルズが幸運な形で先取点を挙げた。

 2回表に無死一・二塁、3回表に無死二塁と得点圏に走者を進めながら無得点に終わっていたシャイニングベガは5回表、ようやくポポンギャルズ・先発の吉井朝香をとらえ、この回先頭の7番・大平あいがスラップでレフト前に落とす安打で出塁。次打者の犠打、途中出場の9番・竹中真海のバントヒットで一死一・三塁とした後、一塁走者がすかさず二塁盗塁に成功。二・三塁とさらにチャンスを広げ、1番・須藤志歩がセンター前に落ちる「執念」のタイムリー。1-1の同点に追いつき、なお一死一・三塁と攻め立て、2番・中川彩音がライトファウルグラウンドへフライを打ち上げると、これをライト・谷本奈々が猛然とスライディングキャッチ。地面スレスレで追いつき、ダイレクトキャッチには成功したものの、当然のことながら本塁へ送球できる態勢ではなく、三塁走者がタッチアップから悠々とホームイン。2-1と逆転に成功した。

(※シャイニングベガは5回表、須藤志歩のタイムリーで同点、中川彩音の犠牲フライで2-1と逆転に成功!)

 シャイニングベガは7回表にも、安打、敵失、犠打で一死二・三塁とすると、前の打席で逆転の犠牲フライを放った2番・中川彩音がまたしてもレフトへキッチリと犠牲フライを打ち上げ、三塁走者を迎え入れ、貴重な追加点。3-1と2点差にリードを広げた。

 ポポンギャルズはその裏、代打・宇野有加里のセンター前ヒットから二死三塁のチャンスをつかみ、1番・谷本奈々のタイムリーで1点差に迫り、さらに相手エラーで走者を出し、二死ながら一・二塁と「一打同点」「長打が出れば逆転サヨナラ」の場面を作ったものの、「あと一本」が出ず……最後の打者がセカンドゴロに倒れ、一塁走者が二塁フォースアウトとなり、試合終了。惜しい試合を落としてしまった。

(ポポンギャルズは最終回、1点差に迫り、なお「一打同点」「長打が出れば逆転サヨナラ」の場面を作ったのだが……)

 勝ったシャイニングベガは二桁10勝目。通算成績10勝7敗とし、宇都宮大会の第2試合でHonda Revertaが破れたこともあり、「同率4位」に浮上。決勝トーナメント進出「圏内」をキープした。

 敗れたポポンギャルズは4勝13敗の11位。上位チームを相手に試合後半までリードを奪い、逆転を許した後も、最終回、1点差まで追い上げる粘りを見せたが……「あと一本」が出ず、惜しい試合を落としてしまった。

1937
2021
10
9
10
09
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc