1部リーグ 第8節 20211009日()日本精工 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日本精工】山田玲菜
敗戦投手【ホンダ】秋豆朱音
打撃成績 【ホンダ】《本》森山遥菜《二》木村愛
【日本精工】《三》西岡彩乃
バッテリー
ホンダジェイリン・フォード、●秋豆朱音-棚町佳奈、大塚友紀
日本精工○山田玲菜、中村美樹-重石華子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節宇都宮大会・第1日第2試合は、前節(第7節)のトヨタ自動車 レッドテリアーズ戦に0-2、シオノギ製薬 ポポンギャルズ戦に4-6で敗れ、第6節から4連敗。通算成績2勝14敗で3勝目が遠く、「最下位」を抜け出せずにいる日本精工 Brave Beariesと、前節(第7節)連勝で通算成績10勝6敗と着実に星を伸ばし、「決勝トーナメント進出圏内」の4位をキープ。この「ホーム」でも連勝し、さらに「上」を狙いたいHonda Revertaが対戦した。
 
 後攻のBrave Beariesは初回、Revertaの先発・ジェイリン・フォードの制球の乱れにつけ込み、死球、空振り三振、連続四球等で一死満塁の先制機をつかむと、5番・沢柚妃のレフト前に落ちるタイムリーでまず1点を先制。なお、一死満塁のチャンスが続き、6番・須藤祐美のセカンドファウルフライで三塁走者が果敢に本塁突入! これが犠牲フライとなり、この回2点を先制した。
 
 2点を追うRevertaは3回表、一死から1番・杉本梨緒が三遊間を抜くヒットで出塁し、次打者のサードゴロの間に二塁へ進塁。二死ながら得点圏に走者を進めると、3番・森山遥菜がツーストライクからの3球目を逆らわずに右方向へ運ぶと、これが右中間最深部に突き刺すツーランホームランとなり、「主砲」の一振りで試合を振り出しに戻した。

(※3回表、Revertaは「主砲」森山遥菜の一振りで2-2の同点に追いついた。)
 
 2-2の同点で迎えた4回裏、Brave Beariesはこの回から代わったRevertaの2番手・秋豆朱音を攻め、一死から四球で出塁した1番・高原侑里を一塁に置き、続く2番・西岡彩乃がライト線を破るタイムリースリーベースを放ち、3-2と勝ち越しに成功した。

(※4回裏、Brave Beariesは西岡彩乃のタイムリースリーベースで勝ち越しに成功!)
 
 1点をリードしたBrave Beariesは6回裏にも、この回先頭の2番・西岡彩乃が三遊間を抜くヒットで出塁すると、次打者の犠打で二塁へ進塁。続く4番・山本悠未のライトフライでタッチアップから三塁へ進み、二死三塁の追加点のチャンスを作り、5番・沢柚妃がセンター前タイムリーを放ち、4点目を追加! 4-2とリードを広げた。
 
 Revertaは最終回、8番・木村愛のツーベースヒットと代打・安山涼香のライト前ヒット、盗塁で一死二・三塁の「一打同点」「本塁打が出れば逆転」のチャンスを作ったが、後続がレフトフライ、ショートゴロに倒れ、ゲームセット。「ホーム」での初戦を白星で飾ることができず、通算成績10勝7敗の「同率4位」。「決勝トーナメント進出圏内」に留まってはいるものの、この先は「負けられない戦い」が続くことになる。
 この試合、先発に起用された「左のエース」ジェイリン・フォードの制球が定まらず、3回での降板は致し方ないにしても、同点の場面では「右のエース」アリー・カーダの投入ではなかったか。連戦が続き、「少しでも休ませたい」「勝ち越したら……」という思惑もあったかもしれないが、後半戦の「快進撃」の原動力となっていたのが「外国人投手左右の二枚看板」であったことを考えると、この試合でも「必勝パターン」「勝利の方程式」を踏襲し、「右のエース」アリー・カーダ投入で「勝負」をかけてもよかったのではないだろうか。
 
 Brave Beariesは遠かった「3勝目」を挙げ、ここ2試合好投を見せていながら打線の援護なく敗戦投手となっていた先発・山田玲菜に嬉しい「日本リーグ初勝利」をプレゼント。この勢いに乗り「最下位脱出」をめざしたいところだ。

1934
2021
10
9
10
09
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc