1部リーグ 第8節 20211009日()ビックカメラ高崎 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】濱村ゆかり
敗戦投手【伊予銀行】黒木美紀
打撃成績 【伊予銀行】 
【BIC】《本》内藤実穂《二》市口侑果
バッテリー
伊予銀行●黒木美紀、庄司奈々-安川裕美、二宮はな
BIC○濱村ゆかり、藤田倭-我妻悠香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節宇都宮大会・第1日第1試合は、前節(第7節)のシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦に3-0、「首位攻防戦」となったトヨタ自動車 レッドテリアーズ戦に1―0で勝利し、通算成績12勝4敗で再び「単独首位」に立ったビックカメラ高崎 BEE QUEENと、前節(第7節)の大垣 ミナモ戦に9-3、デンソー ブライトペガサス戦にも2-1と勝利し、「ホーム」で嬉しい連勝。通算成績7勝9敗の9位に順位を上げてきた伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 後攻のBEE QUEENは初回、VERTZの先発・黒木美紀の立ち上がりを攻め、1番・山本優のサード強襲安打と次打者の犠打で一死二塁とすると、続く3番・内藤実穂がフルカウントからの7球目をとらえ、レフトスタンドへ運ぶツーランホームラン! オリンピック「金メダリスト」の活躍でこの回2点を先制した。

(※BEE QUEENは初回「頼れるキャプテン」内藤実穂の一発で2点を先制!)
 
 この「一発」で勢いづいたBEE QUEENは4回裏にも一死三塁から7番・大工谷真波の犠牲フライで1点を追加し、3-0とリードして迎えた終盤6回裏、一死から5番・森さやかがセンター前ヒットで出塁し、ワイルドピッチで二塁進塁。続く6番・工藤環奈の四球で一死一・二塁とすると、7番・大工谷真波の打球がセカンドのエラーを誘い、二塁走者が4点目のホームイン。なお、一死一・三塁のチャンスが続き、一塁走者がすかさず盗塁。二・三塁とチャンスを広げ、ワイルドピッチで5点目。続く8番・我妻悠香がキッチリとライトへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者を迎え入れ、ダメ押しの6点目。この回3点を追加し、6-0とリードを広げ、完全に勝負を決めてしまった。
 
 VERTZは、BEE QUEENの先発・濱村ゆかりの前に5回までわずか1安打。6回から代わった藤田倭にも1安打に抑え込まれ、この試合放った安打は2安打のみ。守っては、先発・黒木美紀が初回にいきなり先制ツーランを浴び、2失点。4回裏にも1点を失い、6回裏には5回途中から登板していた庄司奈々が決定的な3失点。火に油を注ぐ形になってしまい、0-6で完敗。通算成績7勝10敗となり、前節(第7節)、「ホーム」での連勝の勢いを今節に持ち込むことはできなかった。
 
 勝ったBEE QUEENは初回に内藤実穂のツーランホームランで先制点を奪い、その後も着実にリードを広げ、「横綱相撲」で6-0と完勝。通算成績13勝4敗と星を伸ばし、「単独首位」の座を守り、「3連覇」へ向け、着実な足取りを刻んでいる。

1933
2021
10
9
10
09
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc