1部リーグ 第7節 20211003日()伊予銀行 VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】黒木美紀
敗戦投手【デンソー】カーリー・フーバー
打撃成績 【デンソー】《二》白石望美
【伊予銀行】《本》安川裕美《二》安川裕美
バッテリー
デンソーメーガン・グッド、●カーリー・フーバー-小島あみ
伊予銀行○黒木美紀-安川裕美

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節西予大会・第2日第2試合は、今節初日(10月2日/土)の大垣 ミナモ戦に9-3と快勝し、通算成績6勝9敗の9位に順位を上げた伊予銀行 VERTZと、同じく今節初日(10月2日/土)のHonda Reverta戦に1-2で敗れ、通算成績8勝6敗の同率5位。ギリギリのところで決勝トーナメント進出「圏内」に踏み止まっているとはいえ、これ以上「負けられない」デンソー ブライトペガサスが対戦した。
 
 試合はVERTZ・黒木美紀、ブライトペガサス・メーガン・グッドの両先発投手が互いに3回まで相手打線を無得点に抑える好投を見せ、緊迫した試合展開が続いた。

 試合が動いたのは4回裏、VERTZはこの回先頭の2番・松成あゆみがライト前ヒットで出塁し、すかさず盗塁。3番・樋口菜美の四球で無死一・二塁とすると、4番・安川裕美が右中間にタイムリーツーベース! 二塁走者が還り、待望の先取点を挙げた。
 
 先制を許したブライトペガサスはその直後の5回表、一死から9番・白石望美がレフトオーバーのツーベースを放ち、次打者のセカンドゴロの間に三塁へ進塁。二死ながら走者を三塁まで進めると、続く2番・山田恵里が四球で出塁。一・三塁の場面を作り、3番・川畑瞳への初球にダブルスチールを敢行。これが見事に決まり、三塁走者がホームイン! すぐに1-1の同点に追いついた。
 
 一方、VERTZは4回途中からリリーフしていたブライトペガサスの「エース」カーリー・フーバーに抑えられ、1-1の同点の状態が続いたまま、迎えた6回裏、この回も簡単に二死を取られ、「このまま延長か…」という雰囲気が漂い始めていたが、4番・安川裕美がワンボール・ツーストライクからの4球目を強振! この打球が一直線にライトスタンドに飛び込む勝ち越しのソロホームランとなり、貴重な勝ち越し点を挙げた!

(※1-1の同点で迎えた終盤6回裏、VERTZは「主砲」安川裕美の「一発」で勝ち越し!)
 
 またしても1点を追う立場となったブライトペガサスは最終回、一死から8番・カーリー・フーバーが振り逃げで一塁に生きると、二死後、1番・釼持祐衣のライト前ヒットと、2番・山田恵里の四球で満塁と攻め立て、「一打逆転」のチャンスを作ったが、3番・川畑瞳の打球はショートゴロ。一塁走者が二塁フォースアウトとなり、ゲームセット。VERTZが1点差で逃げ切り、2-1で勝利を収めた。

(※ブライトペガサスは最終回、「一打逆転」のチャンスを迎えたが……)
 
 敗れたブライトペガサスはVERTZの「ホーム」開催とあって、「アウェー」の空気に呑まれたわけでもないだろうが、散発4安打と打線がつながらず手痛い敗戦。今節連敗で通算成績8勝7敗の「同率6位」、決勝トーナメント進出「圏外」まで順位を落とすこととなってしまった。

 勝ったVERTZはこの試合の先発・黒木美紀が、ブライトペガサス打線を4安打・1失点に抑える好投を見せると、女房役の安川裕美がリーグ屈指の「速球投手」メーガン・グッド、カーリー・フーバーを擁するブライトペガサスの投手陣から先制タイムリー、決勝のソロホームランを放つ等、チームの「全打点」を叩き出す大活躍。2-1で競り勝つ「立役者」となった。
 「ホーム」の応援を力に換え、今節連勝! 通算成績7勝9敗の9位と調子は上向き。昨シーズンの「躍進」を再現するかのような戦いに、次節以降も期待が高まる!

1932
2021
10
3
10
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc