1部リーグ 第7節 20211003日()Honda VS 大垣 ミナモ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】秋豆朱音
敗戦投手【ミナモ】エレン・ロバーツ
打撃成績 【ミナモ】 
【ホンダ】《本》杉本梨緒《二》塚本蛍、棚町佳奈、下村歩実
バッテリー
ミナモ●エレン・ロバーツ、中山日菜子、内藤加菜-須藤麻里子、田立梨子
ホンダアリー・カーダ、○秋豆朱音、竹田早希-棚町佳奈、大塚友紀、安山涼香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節西予大会・第2日第1試合は、今節初日(10月2日/土)のデンソー ブライトペガサス戦に2-1で勝利し、通算成績9勝6敗の4位と順位を上げてきたHonda Revertaと、同じく今節初日(10月2日/土)の伊予銀行 VERTZ戦に3-9で敗れ、通算成績5勝9敗の10位に順位を落とした大垣 ミナモが対戦した。
 
 後攻のRevertaは初回、大垣 ミナモの先発・エレン・ロバーツをあっさり攻略。1番・杉本梨緒が四球で出塁し、すかさず盗塁。一死後、3番・森山遥菜のレフト前タイムリーでまず1点を先制すると、続く4番・糟谷舞乃が四球で歩き、一・二塁。5番・塚本蛍のレフトオーバーのエンタイトルツーベース、6番・渡邉瑞貴のセンター前タイムリーで2点を追加。なお一死二・三塁のチャンスが続き、7番・巽麗菜のファーストゴロで三塁走者が本塁突入! アウトのタイミングと思われたが……キャッチャーの走塁妨害があったとしてこの得点が認められ、この回4点を先制した。

(※Revertaは初回、鮮やかな先制攻撃で4点を挙げ、試合の主導権を握った!)

 これで勢いづいたRevertaは2回裏にも3安打を集め、2点を追加。6-0で迎えた3回裏には、1番・杉本梨緒にスリーランホームランが飛び出し、3回終了時点で9-0と一方的な試合展開。4回裏にも9番・下村歩実のタイムリーツーベースで2点、5回裏にも塚本蛍の犠牲フライで1点、6回裏がこの試合初めての「無得点」に終わり、「毎回得点」こそならなかったものの、「先発全員安打」の猛攻で12安打・12得点を挙げ、大垣 ミナモを圧倒した。
 守っては、アリー・カーダ、秋豆朱音、竹田早希とつなぐ継投で大垣 ミナモ打線を4安打に封じ込み、12-0で完封勝利。前節(第6節)に続き、今節も連勝!! 通算成績10勝6敗と星を伸ばし、決勝トーナメント進出「圏内」をキープし、4位につけている。

 敗れた大垣 ミナモは、初回から先発のエレン・ロバーツがReverta打線につかまってしまい、いきなり4点を失い、これで勢いづいたReverta打線の猛攻を止められず、大量失点。打線もわずか4安打と元気なく、0-12で大敗。今節連敗で通算成績5勝10敗の10位に甘んじたまま、第7節を終了した。

1931
2021
10
3
10
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc