1部リーグ 第7節 20211003日()豊田自動織機 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【太陽誘電】曽根はん奈
打撃成績 【太陽誘電】《本》中溝優生
【豊田織機】《二》チェルシー・グッドエーカー
バッテリー
太陽誘電●曽根はん奈-西山しずく、佐藤みなみ
豊田織機○ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節刈谷大会・第2日第2試合は、後半戦再開後、1勝3敗と調子が上がらず、何とか「ホーム」で勝利をつかみ、決勝トーナメント進出「圏内」へ順位を上げたい豊田自動織機 シャイニングベガ(8勝7敗で7位)と、前日(10月2日/土)、「同率首位」に立つ日立 サンディーバを撃破。竹田采実、中溝優生の効果的な「一発」で4-2と快勝し、勝率5割に戻し、意気上がる太陽誘電 ソルフィーユ(7勝7敗で8位。新型コロナウイルス感染症の影響で後半開幕節の試合が中止となり、消化試合数が1試合少なく、「勝率」による暫定順位)が対戦した。

 先攻のソルフィーユは初回、シャイニングベガの先発・ダラス・エスコベドの立ち上がりをとらえ、一死から2番・中溝優生がレフトスタンドへソロホームラン! チームを引っ張る「頼れるキャプテン」の2試合「連発」、ホームランダービーのトップに立つ、今シーズン「第6号」となるホームランで先手を取った。

(※先攻のソルフィーユは初回、中溝優生のソロホームランで先制!)

 いきなり強烈な先制パンチを食らったシャイニングベガは、その裏すぐに「カウンターパンチ」を繰り出す。ソルフィーユの先発・曽根はん奈をとらえ、1番・須藤志歩が一・二塁間を抜く安打で出塁。一死後、犠打で得点圏に走者を進め、4番・チェルシー・グッドエーカーがフェンス直撃のタイムリーツーベース。1-1の同点に追いついた。

 これで息を吹き返したシャイニングベガは3回裏、この回先頭の1番・須藤志歩がスラップ気味に逆らわず三遊間安打に流し打ち。すかさず盗塁を成功させ、無死二塁とすると、2番・中川彩音のショートへの当たりが内野安打となり、一・三塁。一塁走者が盗塁し、二・三塁となった後、3番・金江爽友が一・二塁間を破るタイムリー。まず1点を先制すると、なお無死一・三塁のチャンスが続き、一塁走者が再び盗塁。二・三塁とした後、4番・チェルシー・グッドエーカーのセンターへの犠牲フライで三塁走者が還り、この回2点を勝ち越した。

(※シャイニングベガは3回裏、金江爽友のタイムリー、チェルシー・グッドエーカーの犠牲フライで2点を勝ち越し!)

 シャイニングベガは6回裏にも、二死走者なしから7番・福重さくら、8番・菊池朋美、9番・森山春奈の3連打で1点を追加。4-1とリードを広げた。

 守っては、「エース」ダラス・エスコベドが初回にいきなりソロホームランを被弾したものの、2回以降は立ち直り、ソルフィーユ打線に追加点を許さず、4-1で快勝! 「ホーム」の熱い声援に「勝利」で応え、通算成績9勝7敗とし、決勝トーナメント進出「圏内」の5位に浮上。ギリギリのところで上位争いに踏み止まっている。

 敗れたソルフィーユは7勝8敗。今節「連勝」はならず、再び勝率5割を割り込み、一進一退の状況が続いている。さらに「上」を狙うには、上位チームとの対戦でどれだけ「結果」が残せるかがカギになりそうだ。

1928
2021
10
3
10
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc