1部リーグ 第7節 20211003日()戸田中央総合病院 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】ケイラニ・リケッツ
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【日立】《本》坂本結愛《二》ケイラニ・リケッツ
【戸田中央】 
バッテリー
日立田内愛絵里、○ケイラニ・リケッツ-清原奈侑
戸田中央湯川いずみ、●ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節刈谷大会・第2日第1試合は、前日(10月2日/土)の豊田自動織機 シャイニングベガ戦、タイブレークにもつれ込む「熱戦」を「主砲」數原顕子の満塁本塁打で制し、4-0と快勝。通算成績8勝6敗の「同率5位」と決勝トーナメント進出「圏内」をキープした戸田中央総合病院 メディックスと、同じく前日(10月2日/土)の太陽誘電 ソルフィーユ戦を「逆転」で落とし、手痛い5敗目。「同率首位」の座から滑り落ち、10勝5敗の3位に順位を落とした日立 サンディーバが対戦した。

 メディックスの先発は湯川いずみ。先頭打者に四球を与え、次打者の犠打で一塁走者が二塁へ進み、3番・山口みどりのライトフライの間に二塁走者がタッチアップから三塁へ進塁。三塁まで走者を進められたものの、4番・清原奈侑をライトファウルフライに打ち取り、ピンチを脱出。無失点の滑り出しを見せた。

 サンディーバはその裏、守備につくと同時に、「7番・DP」でスターティングメンバ―に名を連ねていたケイラニ・リケッツがFP・ピッチャーの田内愛絵里の守備を兼務。「実質的な先発投手」となり、三者三振の「絶好調」の立ち上がりを見せた。

 サンディーバは3回表、この回先頭の8番・那須千春がホームラン性の大飛球を放ったが、レフト・高橋亜珠美がフェンスの向こう側まで手を伸ばし、完全な「ホームラン」をもぎとる大ファインプレー。先取点を奪われるチームの「窮地」を救った。

 メディックスはその裏、相手エラーと9番・松田愛実のライト前ヒットで一死一・二塁と攻め立てたが、後続が空振り三振、セカンドフライに倒れ、無得点に終わった。

 サンディーバは5回表、一死から7番・ケイラニ・リケッツがライトオーバーのツーベース。ここでメディックスベンチが動き、「エース」ジョーダン・テーラーを投入。後続を空振り三振、ショートライナーに斬って取り、得点を許さず、ピンチを切り抜けた。

 両チーム無得点のまま、迎えた6回表、この回先頭の1番・坂本結愛がレフトスタンドへ運ぶ「値千金」のソロホームラン! 試合の均衡を破り、待望の先取点を挙げた。

(※サンディーバは6回表、坂本結愛が先制のソロホームランを放つ!)

 メディックスはその裏、相手守備の乱れから二死二塁の「一打同点」のチャンスをつかんだが、前日(10月2日/土)の豊田自動織機 シャイニングベガ戦で勝負を決める満塁ホームランを放った4番・數原顕子が「故意四球」で歩かされ、次打者がセカンドゴロに打ち取られ、無得点。最終回も二死から8番・有吉なつきがセンター前ヒットを放ったが、最後の打者が空振り三振に倒れ、ゲームセット! サンディーバが緊迫の投手戦を本塁打「一発」で制し、1-0の完封勝ち。通算成績を11勝5敗とし、「同率2位」に順位を上げた。

 敗れたメディックスは8勝7敗。後半開幕節の試合が新型コロナウイルス感染症の影響で中止となり、消化試合数が1試合少ない状況だが、勝率で「暫定6位」となり、決勝トーナメント進出「圏外」に順位を落としてしまった。

1927
2021
10
3
10
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc