1部リーグ 第7節 20211002日()伊予銀行 VS 大垣 ミナモ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】庄司奈々
敗戦投手【ミナモ】エレン・ロバーツ
打撃成績 【ミナモ】《本》田立梨子《二》近本和加子
【伊予銀行】《三》飯田瑞稀《二》安川裕美
バッテリー
ミナモ●エレン・ロバーツ、中山日菜子、浅井茉凛、内藤加菜-須藤麻里子、田立梨子
伊予銀行黒木美紀、○庄司奈々-安川裕美

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節西予大会・第1日第2試合は、前節(第6節)1勝1敗で星を伸ばせず、通算成績5勝9敗で10位、「地元」愛媛での開催となる今節、「巻き返し」のキッカケをつかみたい伊予銀行 VERTZと、前節(第6節)で連敗を喫し、通算成績5勝8敗で9位、上位チームから「大金星」を挙げながら惜しい敗戦もあり、「大健闘」の反面、思うように星を伸ばせずにいる大垣 ミナモが対戦した。
 
 後攻のVERTZは初回、大垣 ミナモの先発・エレン・ロバーツの立ち上がりを攻め、1番・正木朝貴が三遊間を破る安打で出塁すると、次打者の犠打で二塁へ進み、二死後、4番・安川裕美が右中間を抜くタイムリーツーベースを放ち、1点を先制。さらに1-1の同点とされて迎えた2回裏にも連続四球等で二死一・二塁とし、1番・正木朝貴のタイムリーで二塁走者を迎え入れ、2-1と勝ち越した。
 
 3回表に再び同点に追いつかれ、2-2で迎えた3回裏、VERTZはこの回先頭の3番・樋口菜美が四球で出塁。ここで大垣 ミナモは先発のエレン・ロバーツから2番手・中山日菜子に投手交代。4番・安川裕美のレフト前ヒット、5番・飯田瑞稀のバント安打で無死満塁と攻め立て、一死後、7番・浅石彩菜の四球で押し出し。再び勝ち越すと、続く8番・本間紀帆のセンターへの犠牲フライで4点目。2点差にリードを広げた。

(※VERTZは3回裏、押し出しと本間紀帆の犠飛で2点を勝ち越し!)
 
 さらに4回裏に相手守備の乱れから1点を加え、5-2で迎えた5回裏には、この回から代わった大垣 ミナモの3番手・浅井茉琳をとらえ、この回先頭の5番・飯田瑞稀、6番・川口茉菜、7番・浅石彩菜、8番・本間紀帆の4連続長短打等で一挙4点を追加し、9-2と大差をつけ、勝負を決した。
 
 敗れた大垣 ミナモは序盤、先手を取られながら二度にわたって同点に追いつき、接戦を演じていたが、3回途中、VERTZが先発・黒木美紀に代え、庄司奈々に継投するとその後は打線が沈黙。追加点は6回表の田立梨子のソロホームランのみに終わり、3-9で大敗。通算成績5勝9敗で10位に順位を落とした。
 
 勝ったVERTZは通算成績6勝9敗の9位。3回途中から登板した庄司奈々がソロホームランで1点を失いはしたものの、それ以外は一人の走者も許さぬ好投を見せ、打線も12安打と爆発! 9-3と大勝し「ホーム」で嬉しい勝利を挙げた。

1926
2021
10
2
10
02
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc