1部リーグ 第7節 20211002日()日本精工 VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】後藤希友
敗戦投手【日本精工】山田玲菜
打撃成績 【トヨタ】 
【日本精工】 
バッテリー
トヨタ○後藤希友-切石結女
日本精工●山田玲菜-重石華子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節滋賀大会・第1日第2試合は、通算成績2勝12敗で「最下位」に低迷、「ホーム」開催の今節、チーム立て直しのキッカケをつかみたい日本精工 Brave Beariesと、ここまで10勝4敗の「同率首位」、後半戦再開後、「東京2020オリンピック」での「神リリーフ」を彷彿とさせる後藤希友の快投(3試合連続無失点で3連勝)もあり、3年ぶりの「王座奪還」を狙うトヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦した。

 レッドテリアーズは2回表、Brave Beariesの先発・山田玲菜を攻め、5番・長谷部陽香が四球で出塁。続く6番・山崎早紀の強烈な当たりがサードを強襲する安打(記録はショート内野安打)となり、無死一・二塁。犠打で一死二・三塁とした後、8番・石野江里佳の打席でヒットエンドランを敢行。これがファーストのフィルダースチョイスとなり、三塁走者が生還。レッドテリアーズが先取点を挙げた。
 
 レッドテリアーズが1点をリードして迎えた5回表、敵失、犠打で一死三塁とし、4番・古澤春菜がレフト前にタイムリー。貴重な追加点を挙げ、2点差にリードを広げた。

(※レッドテリアーズは5回表、古澤春菜のタイムリーで2点目)
 
 一方、Brave Beariesはレッドテリアーズの先発・後藤希友に抑えられ、4回裏、6回裏に得点圏に走者を進めたものの、「決定打」を奪えず、無得点。最終回も二死から6番・松尾ほの華がショート内野安打で出塁し、粘りを見せたが、最後の打者がショートゴロに打ち取られ、完封負け。後半戦再開後、更新を続けているレッドテリアーズ・後藤希友の「無失点記録」(リーグ記録はミッシェル・スミスが持つ120イニング連続無失点という途方もない記録ではあるが……)を止めることができず、好投の先発・山田玲菜を見殺しにしてしまった。

(※Brave Beariesも必死に反撃を試みたものの、最後まで得点を奪えず、完封負け)
 
 勝ったレッドテリアーズは11勝4敗。明日(10月3日/日)、「同率」で並ぶ「宿敵」ビックカメラ高崎 BEE QUEENとの「首位攻防戦」に臨むことになった。
 
 敗れたBrave Beariesは2勝13敗、「最下位」は変わらないが、ここ2試合、先発・山田玲菜が1失点完投、2失点完投と好投を見せているだけに打線の奮起を期待したいところだ。

1924
2021
10
2
10
02
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc