1部リーグ 第7節 20211002日()豊田自動織機 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
打撃成績 【戸田中央】《本》數原顕子
【豊田織機】 
バッテリー
戸田中央湯川いずみ、○ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純
豊田織機長谷川鈴夏、●ダラス・エスコベド、長谷川鈴夏-椛山奈々、チェルシー・グッドエーカー、椛山奈々

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節刈谷大会・第1日第2試合は、後半戦再開後、1勝2敗と調子が出ず、通算成績8勝6敗の「同率5位」。「ホーム」開催の今節をチーム立て直しの「契機」としたい豊田自動織機 シャイニングベガと、後半開幕節の大垣 ミナモ戦が新型コロナウイルス感染症の影響で中止となり、「後半戦再開」となった前節(第6節)で手痛い連敗。通算成績7勝6敗の「7位」まで順位を落とした戸田中央総合病院 メディックスが対戦した。

 シャイニングベガ・長谷川鈴夏、メディックス・湯川いずみ、両先発投手が好投。メディックスは3回表、9番・松田愛実がレフト線にチーム初安打を放ったものの、後続なく無得点。一方、シャイニングベガも5回裏、この回先頭の4番・チェルシー・グッドエーカーがようやくチーム初安打を放ち、一死後、パスボールで走者が二塁へ進んだ後、センターフライで二塁走者がタッチアップから三塁へ進塁。ここでメディックスベンチが動き、好投の先発・湯川いずみに代え、「エース」ジョーダン・テーラーを投入。次打者を空振り三振に斬って取り、無失点でピンチを脱した。

(※シャイニングベガは5回裏、二死三塁の先制機をつかんだが……無得点に終わる)
 
 その後も両チーム一歩も譲らず、0-0のまま、試合は延長タイブレークに突入。延長8回表、シャイニングベガも「エース」ダラス・エスコベドを投入。メディックスは犠打で走者を三塁へ進めたものの、次打者のファーストライナーで飛び出した三塁走者が戻れず、ダブルプレー。
 その裏、シャイニングベガも故意四球、犠打、故意四球で一死満塁としたものの、三振ゲッツーでチャンスを潰し、両チームどうしても得点を挙げることができない。
 
 延長9回表、メディックスは犠打、故意四球、盗塁、四球で一死満塁と攻め立て、4番・數原顕子が勝負を決める満塁ホームラン! 「主砲」の一振りで一挙4点を奪い、勝負を決めてしまった。

(※メディックスは延長9回表、數原顕子の満塁ホームランで勝負を決めた!)
 
 シャイニングベガもその裏、必死の反撃を試みるものの、三者凡退。「ホーム」の熱い声援に応えることができず、痛い星を落とし、通算成績8勝7敗となり、決勝トーナメント進出「圏外」の7位まで順位を落としてしまった。
 
 勝ったメディックスは通算成績8勝6敗、先発・湯川いずみ、「エース」ジョーダン・テーラーとつなぐ投手リレーでシャイニングベガ打線をわずか1安打に封じ、「主砲」數原顕子の「値千金」の満塁ホームランで4-0と快勝! 上位争いに踏み止まる貴重1勝を挙げ、「同率5位」に順位を上げた。

1922
2021
10
2
10
02
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc