1部リーグ 第7節 20211002日()日立 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】寺田愛友
敗戦投手【日立】坂本実桜
打撃成績 【太陽誘電】《本》竹田采実、中溝優生《三》永友遥
【日立】《本》坂本結愛
バッテリー
太陽誘電〇寺田愛友、曽根はん奈、寺田愛友-西山しずく
日立●坂本実桜、田内愛絵里-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節刈谷大会・第1日第1試合は、ここまで10勝4敗の「同率首位」、後半戦再開から無傷の「3連勝」と好調な日立 サンディーバと、通算成績6勝7敗、後半開幕節のデンソー ブライトペガサス戦が新型コロナウイルス感染症の影響で中止となり、1試合消化試合数が少ない状態で「勝率5割」復帰まで「あと一歩」の太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 後攻のサンディーバは初回、ソルフィーユ・先発の寺田愛友の立ち上がりを攻め、1番・坂本結愛が四球で出塁。犠打で走者を二塁へ進め、3番・山口みどりが二遊間を破る安打を放ち、一死一・三塁とチャンスを広げ、4番・清原奈侑がセンターへキッチリと犠牲フライを打ち上げ、あっさり1点を先制した。

(後攻のサンディーバは初回、清原奈侑のセンターへの犠牲フライで先取点!)
 
 初回、2回表とサンディーバの先発・坂本実桜に三者凡退に抑えられていたソルフィーユは3回表、この回先頭の7番・永友遥がセンター前へチーム初安打。次打者のセカンドゴロの間に二塁へ進み、9番・竹田采実がライトスタンドへ逆転のツーランホームラン! 思わぬ「伏兵」の一発で2-1と逆転に成功した。

(※ソルフィーユは3回表、竹田采実のツーランホームランで2-1と逆転に成功!)
 
 ソルフィーユは4回表にも、5番・佐藤みなみが二遊間深くに転がす内野安打。6番・松木瑛里が手堅く送り、7番・永友遥のセカンド後方へフラフラッと上がった打球を、セカンドとライトが「お見合い」するような形となり、幸運な三塁打となる間に2点目。5回表には2番・中溝優生がセンター頭上を越えるソロホームラン! 4-1と3点差にリードを広げた。

 ソルフィーユの先発・寺田愛友は、初回に1点を失ったものの、2回以降は立ち直り、追加点を許さぬ力投。7回裏、一死後、1番・坂本結愛にソロホームランを浴び、2点差となり、二死後、3番・山口みどりにライト前ヒットを浴び、二死一塁となったところで曽根はん奈に一度はマウンドを譲ったが、その代わった曽根はん奈が4番・清原奈侑に四球を与えてしまい、寺田愛友がすぐに再出場・再登板。「最後の打者」をピッチャーゴロに打ち取り、試合終了! 4-2で逃げ切り、通算成績7勝7敗の「勝率5割」に戻した。

 敗れたサンディーバは10勝5敗。初回に1点を先制しながら手痛い逆転負け。最終回にも粘りを見せたが……反撃及ばず5敗目を喫し、首位争いから一歩後退した。

1921
2021
10
2
10
02
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc