1部リーグ 第6節 20210912日()伊予銀行 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】黒木美紀
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【戸田中央】 
【伊予銀行】 
バッテリー
戸田中央●ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純
伊予銀行〇黒木美紀-安川裕美

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節石川大会・第2日第2試合は、後半戦再開後、後半開幕節での日本精工 Brave Bearies戦を3-4で落とし、前日(9月11日/土)の太陽誘電 ソルフィーユ戦も0-2の完封負け。手痛い「連敗」を喫し、通算成績4勝9敗で10位の伊予銀行 VERTZと、1週間遅れの後半戦「再開」(後半開幕節が新型コロナウイルス感染症の影響で対戦相手が「出場辞退」。試合が「中止」となり、第8節川口大会での代替開催が決定している)となったHonda Reverta戦で0-1の完封負け。痛い星を落とし、通算成績7勝5敗で「決勝トーナメント進出圏外」の6位まで順位を落としてしまった戸田中央総合病院 メディックスが対戦した。
 
 メディックスは3回表、VERTZ・先発の黒木美紀を攻め、1番・高橋亜珠美がフルカウントまで粘って四球で出塁。二死後、4番・數原顕子も四球で歩き、一・二塁とした後、5番・堤加菜子のセンター前へのタイムリーで二塁走者が還り、先取点を挙げた。
 
 一方、VERTZはメディックスの先発・ジョーダン・テーラーの緩急自在のピッチングの前に、毎回のように走者は出すものの、「決定打」を奪えず、無得点。メディックスが1点をリードしたまま、試合は終盤を迎えた。
 
 メディックスは7回表、一死から死球の走者を出すと、次打者のファーストゴロの間に二塁へ進塁。6番・田中江理奈のバントヒットで一・三塁とした後、7番・水戸久瑠実に一・二塁間を抜くタイムリーが飛び出し、貴重な追加点を挙げ、2-0とリードを広げた。

(※メディックスは7回表、水戸久瑠実のタイムリーで2点目! ダメ押しになるかと思われたが……)
 
 VERTZはその裏、2本の安打と四球で二死ながら満塁のチャンスをつかむと、9番・浅石彩菜の一塁線ギリギリに落ちる打球をセカンド・田中江理奈が回り込んで追いつき、一塁送球。これが「アウト」であれば試合終了、メディックスの勝利となるだけに、メディックス守備陣は一塁での判定を確認。しかし……当然のことながら「アウト」で試合終了でない限り、「インプレイ」の状態で試合は続行されている。この間に満塁の走者全員がホームインし、VERTZが3-2で逆転サヨナラ勝ちを収めた。

(※VERTZは7回裏、二死満塁から浅石彩菜の当たりでメディックス守備陣が一塁判定を確認する間に三者生還し、逆転サヨナラ!)
 
 勝ったVERTZは5勝目(通算成績5勝9敗)。相手守備陣の一瞬の隙を見逃さず、最後まで諦めず、全力でプレーする姿勢が、土壇場での「大逆転劇」を呼び寄せた。
 
 敗れたメディックスは今節連敗。通算成績7勝6敗となり、上位争いからまた一歩後退してしまった。

1920
2021
9
12
09
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc