1部リーグ 第6節 20210912日()トヨタ自動車 VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】後藤希友
敗戦投手【デンソー】カーリー・フーバー
打撃成績 【デンソー】 
【トヨタ】《二》山崎早紀
バッテリー
デンソー●カーリー・フーバー-吉松梨乃
トヨタモニカ・アボット、○後藤希友-峰幸代、切石結女

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節安城大会・第2日第2試合は、前日(9月11日/土)の大垣 ミナモ戦で「東京2020オリンピック」で「覚醒」した「ニュースター」後藤希友が好投。打線も8安打・8得点と投打が噛み合い、8-0で快勝。通算成績を9勝4敗で「同率首位」に躍進したトヨタ自動車 レッドテリアーズと、前日(9月11日/土)のシオノギ製薬 ポポンギャルズとの延長10回に及ぶ「死闘」を、「打のレジェンド」山田恵里の「さすが!」の活躍で制し、消化試合数に差異はあるものの(後半開幕節を新型コロナウイルス感染症の影響で「出場辞退」し、試合が「中止」。第8節川口大会での代替開催が決定している)、通算成績8勝4敗で4位につける「ホーム」のデンソー ブライトペガサスが対戦した。

 試合はレッドテリアーズがモニカ・アボット、ブライトペガサスがカーリー・フーバー、両外国人投手の先発で始まり、ブライトペガサスの2回表の攻撃、この回先頭の5番・吉松梨乃の強烈なピッチャー返しがモニカ・アボットを直撃。セカンド・鎌田優希の素晴らしいカバーリングで打者走者を一塁でアウトにしたが、モニカ・アボットは降板を余儀なくされ、後藤希友が「スクランブル」登板。突発的なアクシデントによる急な登板であったものの、後続をファーストゴロ、空振りの三振に打ち取り、「東京2020オリンピック」の「神リリーフ」以降、「打たれる気がしない」ピッチングがこの日も続いた。

 圧巻だったのは4回表、2番・山田恵里が「金メダリスト対決」で大先輩の「意地」を見せ、センター前に落ちるポテンヒット。4番・洲鎌夏子の四球、5番・川畑瞳は絶妙なバントヒットを決め、一塁へ「執念」のヘッドスライディング。無死満塁と攻め立てたが、後続を連続三振、セカンドゴロに抑え、「絶体絶命」のピンチを無失点で切り抜けて見せた。まさに「東京2020オリンピック」を彷彿とさせるピッチングで、こんなピッチングを見せられてチームが燃えないわけがなかった。

(※ブライトペガサスは「金メダリスト」が意地を見せ、無死満塁と攻め立てたが……)

 後藤希友のピッチングで闘志をかきたてられたレッドテリアーズは5回裏、この回先頭の6番・山崎早紀がレフトフェンス直撃の二塁打。「金メダリスト」が攻撃の突破口を開くと、続く7番・石野江里佳のトスバッティングのような打球が、送りバントを警戒する相手守備陣の逆を突く形となり、ピッチャーの横、一塁ベースカバーに動いたセカンドとの間をコロコロと抜けていき、センターまで達する間に二塁走者が一気にホームイン! 意外な形で試合の均衡が破れ、レッドテリアーズが1点を先制した。

(※レッドテリアーズは0-0で迎えた5回裏、意外な形で試合の均衡を破り、先取点!)

 1点のリードをもらった後藤希友は「気合十分」のピッチングで6回表、7回表のブライトペガサスの攻撃を三者凡退で斬って取り、最少得点差を守り切って1-0の完封。通算成績10勝4敗とし、ビックカメラ高崎 BEE QUEEN、日立サンディーバと並ぶ「同率首位」の座を守った。

 敗れたブライトペガサスは8勝5敗。「エース」カーリー・フーバーが被安打3・奪三振10の力投を見せていただけに打線の援護があれば……という試合だった。4回表の無死満塁の絶好機を逃がしたことが最後まで響き、悔やまれる敗戦となってしまった。

1918
2021
9
12
09
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc