1部リーグ 第6節 20210912日()大垣 ミナモ VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】吉井朝香
敗戦投手【ミナモ】エレン・ロバーツ
打撃成績 【シオノギ】 
【ミナモ】《本》殿井綾《二》須藤麻里子、山口涼香
バッテリー
シオノギ千葉咲実、○吉井朝香-竹林綾香
ミナモ●エレン・ロバーツ-長井美侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節安城大会・第2日第1試合は、前日(9月11日/土)のトヨタ自動車 レッドテリアーズ戦は投打に元気なく、0-8と完敗を喫し、消化試合数に差異はあるものの(後半開幕節を新型コロナウイルス感染症の影響で「出場辞退」し、試合が「中止」。第8節川口大会での代替開催が決定している)通算成績5勝7敗で9位となった大垣 ミナモと、「ホーム」のデンソー ブライトペガサスを相手に、常に先手を奪われる苦しい試合展開となりながら「不屈の闘志」で追いつき、延長10回に及ぶ「死闘」を演じたものの、5-6で惜敗。通算成績2勝11敗、出口の見えない「連敗」(10連敗)のトンネルの中であえぐシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。

 大垣 ミナモの先発はエレン・ロバーツ。「東京2020オリンピック」をオーストラリア代表として戦い、後半戦からチームに加入。期待の「新戦力」が先発に起用され、注目の立ち上がり、二死から安打の走者を許したものの、次打者をライトフライに打ち取り、無失点で試合をスタートさせた。

 ポポンギャルズの先発は左腕・千葉咲実。その立ち上がり、一死から2番・舟橋花保、3番・須藤麻里子に長短打を浴び、二・三塁のピンチを招いたが、落ち着いて後続を断ち、ピンチを脱出。こちらも無失点の滑り出しを見せた。

 その後も両投手が得点を許さず、0-0で迎えた4回裏、大垣 ミナモは死球、安打で無死一・二塁とし、7番・阿部里奈がプッシュ気味に強めのバントでファーストとピッチャーの間に転がすと、勢いよくダッシュしてきたファーストが逆を突かれた形となり、この打球をはじく間に二塁走者が一気にホームイン(記録はバント安打)。大垣 ミナモが先手を取った。

 1点を先制されたポポンギャルズはその直後の5回表、一死から四球、安打で一死一・二塁の反撃機を作ったが、後続がファーストファウルフライ、ファーストライナーに倒れ、「あと一本」が出ず、無得点。大垣 ミナモの「新戦力」エレン・ロバーツを崩すことができない。

 逆に大垣 ミナモが6回裏、二死走者なしから代打・殿井綾がライトスタンドにソロホームラン。ライト・谷本奈々が必死に打球を追いかけ、追いついたかに見えたが……精一杯に差し出したグラブに当たり、打球は無情にもライトフェンスを終え、大垣 ミナモが貴重な追加点を挙げ、2-0とリードを広げた。

(※大垣 ミナモは6回裏、代打・殿井綾の貴重な追加点となるソロホームランで2-0とリード!)

 この一発で「勝負あった」かに見えたが、ドラマは最終回に待っていた。ポポンギャルズは7回表、四球、連続安打等で一死満塁のチャンスをつかむと、代打・佐竹紫乃のセカンドゴロがエラーを誘い、まず1点。9番・横野聖奈がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者を迎え入れ、土壇場で2-2の同点に追いつくと、1番・谷本奈々は勝負を避けられ、故意四球。二死ながら満塁と攻め立てると、2番・小林美沙紀の二遊間への当たりをセカンド・近本和加子がはじく間に(記録は安打)、二者が還り、4-2と試合をひっくり返した。

(※ポポンギャルズは最終回、驚異的な粘りを見せ、4-2と逆転!)

 その裏、5回裏から登板していた吉井朝香が先頭打者に二塁打を浴びたものの、後続をセカンドゴロ、連続三振に切って取り、2点のリードを守り切り、ポポンギャルズが鮮やかな逆転勝ち! 連敗をついに「10」で止め、3勝目(通算成績3勝11敗)を挙げ、最下位を脱出した。

 敗れた大垣 ミナモは5勝8敗。後半戦から加入したエレン・ロバーツが好投し、「勝利は目前」だったのだが……手痛い守備の乱れから同点、逆転を許し、手にしていたはずの勝利を逃がしてしまった。

1917
2021
9
12
09
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc