1部リーグ 第6節 20210912日()日立 VS 日本精工

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】ケイラニ・リケッツ
敗戦投手【日本精工】山田玲菜
打撃成績 【日本精工】 
【日立】 
バッテリー
日本精工●山田玲菜-重石華子
日立坂本実桜、○ケイラニ・リケッツ-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節北海道大会・第2日第2試合は、前日(9月11日/土)のビックカメラ高崎 BEE QUEEN戦に8-3で勝利し、通算成績9勝4敗で「同率首位」に躍り出た日立 サンディーバと、前日(9月11日/土)の豊田自動織機 シャイニングベガ戦で22安打を浴び、2-14と大敗。通算成績2勝11敗で「テールエンド」を抜け出せずにいる日本精工 Brave Beariesが対戦した。
 
 サンディーバは初回の守備につくと同時にDP・ケイラニ・リケッツがFP・坂本実桜のピッチャーの守備を兼務。「実質的な先発投手」として登板し、三者凡退の滑り出しを見せた。
 
 Brave Beariesの先発は山田玲菜。こちらは四球の走者を出したものの、盗塁死があり、結果的に三人で攻撃を終了。無失点で試合をスタートさせた。
 
 Brave Beariesは3回表、一死から8番・須藤祐美が死球で出塁すると、9番・南方麻留実がセカンド内野安打で続き、1番・高原侑里も死球で一死満塁のチャンスを作ったが、後続が空振り三振、ファーストゴロに倒れ、得点できずスリーアウト。
 
 両チーム得点のないまま、迎えた4回裏、サンディーバはこの回先頭の3番・山口みどりがライト前ヒットで出塁。次打者の犠打で二塁へ進み、5番・ケイラニ・リケッツのセンター前ヒットで一死一・三塁と攻め立てると、続く6番・高瀬沙羅の打席でヒットエンドランを敢行! 初球をピッチャー前に転がし、三塁走者を迎え入れ、待望の先取点を挙げた。

(※サンディーバは4回裏、一死一・三塁から高瀬沙羅がヒットエンドランを決め、先制!)

 1点を追うBrave Beariesは最終回、一死から5番・重石華子の死球と6番・沢柚妃のレフト線に落ちるヒットで一・二塁としたが、このチャンスも後続が空振り三振、ショートゴロに抑えられ、ゲームセット。先発・山田玲菜が最少失点に抑えたものの、最後まで打線の援護がなく、1点に泣き、完封負け。通算成績2勝12敗、安城大会でシオノギ製薬 ポポンギャルズが大垣 ミナモに4-2で勝ったこともあり、再び「最下位」となってしまった。
 
 勝ったサンディーバは、「実質的な先発投手」となったケイラニ・リケッツがBrave Bearies打線をわずか3安打に抑える好投を見せれば、打線も少ないチャンスをモノにし、1-0の完封勝利。今節連勝で通算成績10勝4敗と星を伸ばし、3チーム同率ながら「首位」で今節を終了した。

1916
2021
9
12
09
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc