1部リーグ 第6節 20210911日()太陽誘電 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】曽根はん奈
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【伊予銀行】 
【太陽誘電】《二》門馬沙也加、西山しずく
バッテリー
伊予銀行●庄司奈々、黒木美紀-若林舞、安川裕美
太陽誘電○曽根はん奈-西山すずく

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節石川大会・第1日第2試合は、後半戦「再開」となる「後半開幕節」大会前のPCR検査で、対戦相手となるはずであったデンソー ブライトペガサスに新型コロナウイルス「陽性判定」の選手が出てしまったことから試合が「中止」となり、この石川大会で1週間遅れの「後半戦再開」を迎えることになった太陽誘電 ソルフィーユ(通算成績5勝6敗で同率8位)と、「後半開幕節」で日本精工 Brave Beariesと対戦し、先制を許したものの、一度は逆転に成功し、試合をひっくり返しながら3-4で惜敗。「黒星スタート」となってしまった伊予銀行 VERTZ(通算成績4勝8敗で10位)が対戦した。
 
 ソルフィーユは2回裏、VERTZ・先発の庄司奈々をとらえ、一死から5番・門馬沙也加が左中間二塁打。続く6番・永友遥の三遊間を抜く安打で一・三塁とチャンスを広げ、一塁走者がすかさず盗塁。二・三塁とした後、7番・佐藤みなみのレフトファウルフライが犠牲フライとなり、三塁走者が生還。ソルフィーユが先手を取った。

(※ソルフィーユは2回裏、一死二・三塁から佐藤みなみの犠牲フライで1点を先制!)
 
 ソルフィーユは続く3回裏にも、9番・西山しずくがライト線への安打で出塁すると、代走・松瀬清夏を送り、すかさず盗塁。1番・中溝優生が二遊間を抜く安打で続き、無死一・三塁とし、一塁走者が再び盗塁。二・三塁とした後、2番・松木瑛里のファーストゴロで三塁走者が本塁突入を試みたがタッチアウト。これでチャンスを潰したかに見えたが、二死後、4番・原田のどかへの3球目が痛恨のワイルドピッチとなり、ソルフィーユが貴重な追加点を挙げ、2-0とリードを広げた。
 
 一方、VERTZはソルフィーユ・先発の曽根はん奈の立ち上がりを攻め切れず、初回の二死一・二塁、2回表の二死三塁に「あと一本」が出なかったのが響き、尻上がりに調子を上げた曽根はん奈の前にわずか2安打。6回表、安打の走者を出すもダブルプレーでチャンスを潰し、最終回も三者凡退。曽根はん奈に「日本リーグ初完封」をプレゼントする形となってしまった。

(※VERTZも最終回、必死の反撃を試みたが……三者凡退で試合終了!)
 
 勝ったソルフィーユは6勝6敗。勝率5割に復帰、後半戦で巻き返し、上位戦線に割り込んでいきたいところだ。
 
 敗れたVERTZは4勝9敗。徐々に「借金」が大きくなり、上位争いから大きく水を空けられる結果となってしまった。

1914
2021
9
11
09
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc