1部リーグ 第6節 20210911日()Honda VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
敗戦投手【戸田中央】湯川いずみ
打撃成績 【戸田中央】 
【ホンダ】《三》塚本蛍
バッテリー
戸田中央●湯川いずみ、ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純
ホンダ○ジェイリン・フォード-棚町佳奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節石川大会・第1日第1試合は、「後半開幕節」で「王者」ビックカメラ高崎 BEE QUEENを相手に、「主砲」森山遥菜の「プレーボールホームラン」、長谷川優理のソロホームランで2度のリードを奪いながら、死球による押し出し、守備の乱れ等で「自滅」し、2-5の逆転負けを喫したHonda Reverta(通算成績6勝6敗で7位)と、後半戦「再開」となる「後半開幕節」大会前のPCR検査で、対戦相手となるはずであった大垣 ミナモに新型コロナウイルス「陽性判定」の選手が出てしまったことから試合が「中止」となり、この石川大会で1週間遅れの「後半戦再開」を迎えることになった戸田中央総合病院 メディックス(通算成績7勝4敗で同率4位)が対戦した。
 
 メディックスは湯川いずみ、Revertaは「左のエース」ジェイリン・フォードが先発。両投手の好投で試合は緊迫した投手戦となり、両チーム無得点のまま、試合は中盤を迎えた。
 
 試合が動いたのは4回裏、Revertaは一死から3番・塚本蛍がライト線へ三塁打。先制のチャンスをつかむと、続く4番・糟谷舞乃が初球を積極的に狙い、センターフライを打ち上げ、やや浅めのフライではあったが、三塁走者が果敢に本塁突入。気迫のヘッドスライディングで間一髪セーフとなり、待望の先取点を挙げた。

(※Revertaは4回裏、塚本蛍の三塁打からチャンスをつかみ、糟谷舞乃の中犠飛で先取点を挙げる)
 
 メディックスはその直後の5回表、二死走者なしから6番・田中江理奈が絶妙なセーフティーバントを決め、出塁。続く7番・水戸久瑠実もセンター前ヒットを放ち、一塁走者が一気に三塁を狙い、打球を処理したセンターの三塁送球の間に打者走者も二塁を狙ったが、三塁送球を受けたサード・菱谷香実が素早く二塁へ転送。打者走者を二塁タッチアウトとし、スリーアウト。堅守でピンチを脱した。

(※メディックスは5回表、二死から連打でチャンスを作ったかに見えたが……Revertaの堅守の前に無得点)
 
 メディックスは最終回にも、二死から連続四球で一・二塁とし、「一打同点」「長打が出れば逆転」のチャンスをつかんだが……最後の打者がセンターフライに打ち取られ、試合終了。1点に泣き、痛い5敗目。通算成績7勝5敗となり、上位争いから一歩後退した。
 
 勝ったRevertaは通算成績7勝6敗。勝率5割から貯金「1」とし、上位争いに踏み止まる大きな1勝を挙げた。

1913
2021
9
11
09
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc