1部リーグ 第6節 20210911日()大垣 ミナモ VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】後藤希友
敗戦投手【ミナモ】中山日菜子
打撃成績 【トヨタ】《三》切石結女
【ミナモ】《二》田島萌愛
バッテリー
トヨタ○後藤希友、三輪さくら、江渡祐希-切石結女
ミナモ●中山日菜子、浅井茉琳―長井美侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節安城大会・第1日第1試合は、後半戦「再開」となる「後半開幕節」大会前のPCR検査で新型コロナウイルス「陽性判定」の選手が出てしまったことから「出場辞退」を余儀なくされ、1週間遅れの「後半戦再開」を迎える大垣 ミナモ(通算成績5勝6敗で同率8位)と、「後半開幕節」では前半戦終了時点で7勝4敗の「同率2位」に並んでいた「上位争いのライバル」豊田自動織機との「直接対決」を6-0で完勝し、3年ぶりの「王座奪還」へ向け、後半戦初戦を理想的な試合展開でモノにしたトヨタ自動車 レッドテリアーズ(通算成績8勝4敗で同率2位)が対戦した。

 先攻のレッドテリアーズは初回、大垣 ミナモの先発・中山日菜子の立ち上がりを攻め、1番・有吉茜が三遊間を破る安打で出塁。犠打で確実に走者を二塁へ進めた後、3番・石川恭子が四球で歩き、一死一・二塁。このチャンスに4番・古澤春菜が詰まりながらもしぶとくセンター前に運び、二塁走者が還り、まず1点を先制。なお一死一・二塁のチャンスが続き、次打者のライトフライで二塁走者がタッチアップから三塁へ進塁。二死一・三塁となった後、一塁走者がスタートを切り、一・二塁間で立ち止まると、慌てた捕手が誰もいない二塁へ送球してしまい、三塁走者が生還(記録はダブルスチール)。労せずして2点目を挙げ、初回いきなり2点のリードを奪った。

(※レッドテリアーズは初回、鮮やかな先制攻撃を見せ、2点を先制!)

 一方、大垣 ミナモはレッドテリアーズの先発・後藤希友を打ちあぐみ、序盤3回まで一人の走者も出せず、4連続三振を奪われる等、ノーヒット。オリンピックで「覚醒」した「新星」のまばゆいばかりの輝きと煌めきの前に打線が完全に沈黙してしまった。

(※大垣 ミナモは3回までノーヒット、4連続三振を喫する等、打線が沈黙)

 こうなると試合は完全にレッドテリアーズのペース。4回表、大垣 ミナモの2番手・浅井茉琳を攻め、7番・切石結女の適時三塁打で猛攻の口火を切り、「金メダリスト」9番・渥美万奈の2点タイムリー、3番・石川恭子、4番・古澤春菜の連続タイムリー等、5本の長短打を集中。大量6点を挙げ、完全に試合を決めてしまった。

 大垣 ミナモは4回裏、2番・田島萌愛が「チーム初安打」となる二塁打を放ったものの、後続なく無得点。5回裏、6回裏も代わった三輪さくらから安打は放ったものの、要所を締められ、最終回は江渡祐希に三者凡退。わずか3安打では打つ手なく、投打に元気なく完封負けを喫し、通算成績5勝7敗となってしまった。

 勝ったレッドテリアーズは9勝目。この日(9月11日/土)の北海道大会第1試合で「単独首位」に立っていたビックカメラ高崎 BEE QUEENが日立 サンディーバに敗れたこともあり、ビックカメラ高崎 BEE QUEEN、トヨタ自動車 レッドテリアーズ、日立 サンディーバの3チームが9勝4敗で「同率首位」に並ぶ形となった。

1911
2021
9
11
09
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc