1部リーグ 第6節 20210911日()日本精工 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】長谷川鈴夏
敗戦投手【日本精工】中村美樹
打撃成績 【豊田織機】《三》須藤志歩《二》大平あい、竹中真海②、福重さくら②、佐藤友香 、椛山奈々、須藤志歩、中川彩音
【日本精工】《本》山本悠未
バッテリー
豊田織機○長谷川鈴夏、秋元菜穂、刈込千波-椛山奈々、菊池朋美
日本精工●中村美樹、山田玲菜-重石華子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節北海道大会・第1日第2試合は、後半開幕節で伊予銀行 VERTZを4-3で下し、ようやく2勝目を挙げ、シオノギ製薬 ポポンギャルズに並び、「単独」での最下位を脱出した日本精工 Brave Beariesと、同じく後半開幕節でのトヨタ自動車 レッドテリアーズ戦を0-6で落とし、通算成績7勝5敗となり、「同率2位」グループから一歩後退した豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。

 先攻のシャイニングベガは初回、Brave Beariesの先発・中村美樹の立ち上がりを攻め、1番・須藤志歩と2番・中川彩音の連打で無死一・二塁とし、一死後、4番・金江爽友のライト前ヒットで満塁とすると、続く5番・福重さくらがセンター前へタイムリーを放ち、2点を先制。さらに6番・大平あいのライト線へのタイムリーツーベースで1点を追加し、この回3点を先制した。

(※シャイニングベガは初回から積極的な先制攻撃を見せ、5本の長短打を集中し、3点を先制!)

 初回にいきなり3点を先制しながら、その裏すぐに2点を返されてしまったシャイニングベガは2回表、9番・竹中真海、1番・須藤志歩、2番・中川彩音の3連続長短打で2点を追加。二死後、5番・福重さくらにもレフトオーバーのタイムリーツーベースが飛び出し、この回3点を追加。再びリードを広げると、3回表にも1番・須藤志歩のタイムリーで1点を加え、7-2で迎えた4回表には、前のイニング(3回表)から登板していたBrave Beariesの2番手・山田玲菜をとらえ、5本の長短打を浴びせ、ダメ押しの4点を追加。5回表にも6番・大平あいのタイムリーで1点、6回表には9番・竹中真海、1番・須藤志歩、2番・中川彩音の3連続二塁打で2点を追加。最終回は無得点に終わり、「毎回得点」はならなかったものの、1試合9本の二塁打を放ち、リーグ記録を更新(従来の記録は1試合6本)する猛攻を見せた。

 Brave Beariesは初回にいきなり3点を奪われたものの、その裏、安打で出塁した走者を一塁に置き、4番・山本悠未がツーランホームラン。「主砲」の一発ですぐに2点を返したが、その後は追加点を奪えず、投手陣もシャイニングベガ打線につかまってしまい、最終的には2-14と大敗。通算成績2勝11敗で「テールエンド」を抜け出せずにいる。

 シャイニングベガは22安打と打線が爆発! 1試合での「最多二塁打記録」を更新し、Brave Beariesを圧倒! 通算成績8勝5敗とし、試合数に差異があるものの(後半開幕節でデンソー ブライトペガサスと大垣 ミナモが新型コロナウイルス感染症の影響で出場辞退を余儀なくされたため、当該チームに関わる試合が延期)、5位につけ、「決勝トーナメント進出圏内」に踏み止まっている。

1910
2021
9
11
09
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc