1部リーグ 後半開幕節 20211011日()戸田中央総合病院 VS 大垣 ミナモ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ミナモ】エレン・ロバーツ
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【ミナモ】《二》内田小百合
【戸田中央】 
バッテリー
ミナモ○エレン・ロバーツ-田立梨子
戸田中央●ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節川口大会・第3日第2試合は、「後半開幕節」で対戦が予定されていた試合が、新型コロナウイルス感染症の影響で中止・延期となり、この第8節川口大会の予備日に組み入れられ、戸田中央総合病院 メディックスと大垣 ミナモの試合が実施された。

 ここまで8勝9敗、後半戦再開後、1勝5敗と振るわず、「勝率5割」を切ってしまった「ホーム」戸田中央総合病院 メディックスと、通算成績5勝12敗、後半戦再開以来、未だ勝ち星なしの6連敗。「連敗」のトンネルの暗闇の中であえぐ大垣 ミナモが対戦。メディックスがジョーダン・テーラー、大垣 ミナモがエレン・ロバーツ、両エースを先発に立て「必勝態勢」。力のこもった一歩も譲らぬ投げ合いとなり、1点を争う試合展開となった。

 大垣 ミナモは2回表の二死二・三塁、5回表には1番・内田小百合の一塁線を鋭く破る二塁打で二死二塁と得点圏に走者を進めるものの、「決定打」を奪えず、メディックスも毎回のように走者を出し、4本の安打を放ったがいずれも散発。0-0の膠着状態が続いたまま、試合は延長タイブレークへともつれ込んだ。

 延長タイブレークに入った8回表、大垣 ミナモはタイブレークの走者を確実に犠打で三塁へ進め、再出場した2番・長井美侑の打席でヒットエンドランを仕掛けたが、前進守備のファースト真っ正面のゴロとなり、三塁走者がタッチアウト。メディックスの堅い守りを崩せず、得点を挙げることができない。

 メディックスはその裏、2つの故意四球で二死満塁と攻め立てたものの、こちらも「あと一本」が出ず……両チーム無得点が続く。

 迎えた延長9回表、大垣 ミナモはタイブレークの走者をまたしても犠打で三塁へ進め、5番・リサ・モールデンが死球で出塁し、すかさず盗塁。一死二・三塁とチャンスを広げると、6番・田立梨子の打席でヒットエンドランを敢行。この打球がバックホーム体制で前進守備を敷くメディックス守備陣の二遊間を抜けていく安打となり、三塁走者が生還。ついに試合の均衡を破り、喉から手が出るほどほしかった先制点がもたらされた。

(※大垣 ミナモは延長9回表、田立梨子のタイムリーで1点を先制!)

 メディックスはその裏、二死ながらタイブレークの走者を三塁まで進め、代打・廣瀬夏季がライト前に痛烈な当たりを放ったが……当たりが良すぎてライトゴロとなり、試合終了。大垣 ミナモが1点を守り切り、連敗を「6」でストップ。通算成績を6勝12敗とした。

(※メディックスは延長9回裏、二死三塁から代打・廣瀬夏季がライト前にヒット性の当たりを放ったが……)

 敗れたメディックスは8勝10敗。「ホーム」の熱い声援に応えることができず、今節3連敗。決勝トーナメント進出が大きく遠のき、「同率8位」まで順位を落としてしまった。

1906
2021
10
11
10
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc