1部リーグ 後半開幕節 20210904日()伊予銀行 VS 日本精工

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日本精工】中村美樹
敗戦投手【伊予銀行】黒木美紀
打撃成績 【日本精工】《二》田中瑠莉、高原侑里、西岡彩乃
【伊予銀行】《本》居内佑加
バッテリー
日本精工○中村美樹-重石華子
伊予銀行●黒木美紀、庄司奈々-安川裕美

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「東京2020オリンピック」開催のため、5月初旬に「前半戦」第5節までを終了し、「中断期間」に入っていた「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部が「再開」。この「後半開幕節」第1日第3試合は、前半戦4勝7敗で10位の伊予銀行 VERTZと、前半戦わずかに1勝。1勝10敗で「最下位」と苦しい状況にある日本精工 Brave Beariesが対戦した。

 先手を取ったのはBrave Bearies。2回表、VERTZ・先発の黒木美紀をとらえ、この回先頭の5番・重石華子が三遊間を痛烈に破る安打で出塁。一死後、7番・久保和咲の三塁線への当たりが「ファウルになる」と思ったか、サード・飯田瑞稀がこの打球を見送ると、これが三塁ベースに当たる安打となり、一・二塁。さらにワイルドピッチで走者が二・三塁に進塁し、8番・松尾ほの華がライトへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者を迎え入れ、先取点を挙げた。

 1点を先制されたVERTZはその裏、Brave Bearies・先発の中村美樹から6番・居内佑加が、打った瞬間「入った!」とわかる完璧な当たりのソロホームランを放ち、1-1の同点。試合を振り出しに戻した。

 同点に追いつき、息を吹き返したVERTZは3回裏、死球で出塁した走者を犠打で確実に二塁へ進め、2番・松成あゆみの二遊間を抜く安打で一・三塁。さらに一塁走者が盗塁し、二・三塁とした後、3番・正木朝貴が一・二塁菅を鋭く破るタイムリーを放ち、1点を勝ち越し。2-1と逆転に成功した。

 1点を追う立場となったBrave Beariesは5回表、二死走者なしから代打・田中瑠莉、1番・高原侑里の連続二塁打で同点に追いつき、先発・黒木美紀をノックアウト。代わった庄司奈々からも2番・西岡彩乃、3番・黒木美佳、4番・山本悠未の3連打でたたみかけ、さらに2点を追加。この回3点を挙げ、4-2と試合をひっくり返した。

(※Brave Beariesは5回表、二死からの5連続長短打で3点を挙げ、4-2と逆転に成功!)

 VERTZもその裏、四球、安打、盗塁等で二死二・三塁の「一打同点」のチャンスをつかみ、4番・樋口菜美が詰まりながらも「力」でセンター前に運ぶと、三塁走者に続き、二塁走者も一気に本塁を狙ったが、センター・山本悠未の好返球で本塁寸前タッチアウト。1点は返したものの、Brave Beariesの「堅守」に阻まれ、同点に追いつくことはできなかった。

(※Brave Beariesは5回裏、樋口菜美の適時打で同点に追いついたかと思われたが…)

 VERTZも懸命の反撃を試みるが、力投を続けるBrave Bearies・中村美樹の前に6回裏、7回裏は三者凡退。あと一歩の及ばず、1点差で惜敗。通算成績4勝8敗となった。

 勝ったBrave Beariesは嬉しい2勝目。第3節刈谷大会のシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦以来となる勝利を挙げ、通算成績を2勝10敗とし、そのシオノギ製薬 ポポンギャルズに並び、「最下位脱出」が見えてきた。

1905
2021
9
4
09
04
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc