1部リーグ 第5節 20210509日()日本精工 VS 大垣 ミナモ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ミナモ】サラ・パウリー
敗戦投手【日本精工】中村美樹
打撃成績 【ミナモ】 
【日本精工】 
バッテリー
ミナモ○サラ・パウリー-長井美侑
日本精工●中村美樹-重石華子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節島根大会・第3日第2試合は、前日(5月8日/土)の太陽誘電 ソルフィーユ戦で0-12と大敗。「開幕5連敗」の後、今シーズン初勝利を挙げたものの、その後再び4連敗。通算成績1勝9敗で最下位から抜け出せずにいる日本精工 Brave Beariesと、ビックカメラ高崎 BEE QUEEN、トヨタ自動車 レッドテリアーズの「優勝争いの常連」を倒す等、「ジャイアントキリング」を演じ、通算成績4勝6敗で「同率8位」と健闘。勝ち星以上の「存在感」を見せている大垣 ミナモが対戦した。
 
 両チーム無得点のまま、迎えた4回裏、Brave Beariesは、大垣 ミナモの先発・サラ・パウリーを攻め、この回先頭の1番・黒木美佳が四球で出ると、2番・西岡彩乃の犠打で二塁に進み、3番・沢柚妃の死球、4番・高原侑里の二遊間安打で一死満塁と絶好の先制機をつかんだが……後続がセカンドフライ(インフィールドフライ)、レフトフライに打ち取られ、無得点。先制のチャンスを逃してしまった。
 
 一死満塁のピンチを無失点で切り抜けた大垣 ミナモは、その直後の5回表、4回まで無得点に抑えられていたBrave Beariesの先発・中村美樹をようやくとらえ、一死から7番・長井美侑が一塁線を抜く安打で出塁。8番・西野希美が犠打で手堅く送り、二死ながら得点圏に走者を進めると、代打・田島萌愛がライト線へタイムリーを放ち、二塁走者が生還! 待望の先取点を挙げた。

(※0-0で迎えた5回表、大垣 ミナモは二死二塁から代打・田島萌愛が先制のタイムリーを放つ!)

 大垣 ミナモは「エース」サラ・パウリーが奪三振8・被安打3の好投でBrave Bearies打線に最後まで得点を許さず、「虎の子」の1点を守り抜き、最少得点差の完封勝利。通算成績5勝6敗とし、「同率8位」で前半戦を終了。後半戦でも「台風の目」となり、大混戦のリーグでさらに「存在感」を発揮してくれることを期待したい。

 Brave Beariesは4回裏の一死満塁のチャンスをモノにできなかったことが最後まで響き、0-1で惜敗。通算成績1勝10敗で「2勝目」を挙げられないまま、「テールエンド」に甘んじ、前半戦を終えることとなった。後半戦再開までの「サマーブレイク」でチームを立て直し、後半戦で「巻き返し」を図りたいところだ。

1900
2021
5
9
05
09
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc