1部リーグ 第5節 20210509日()戸田中央総合病院 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【伊予銀行】黒木美紀
打撃成績 【伊予銀行】 
【戸田中央】《二》水戸久瑠実
バッテリー
伊予銀行●黒木美紀-安川裕美
戸田中央○ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節高崎大会・第3日第1試合は、ここまで6勝4敗の「同率4位」、この試合に勝って「上位争い」に踏み止まりたい戸田中央総合病院 メディックスと、通算成績4勝6敗の「同率8位」、これ以上離されることなく前半戦を終え、後半戦に「望み」をつなげたい伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 試合はメディックスの「エース」ジョーダン・テーラー、VERTZは今シーズンすでに「3勝」を挙げている、チームの「稼ぎ頭」黒木美紀、両投手が先発。一歩も譲らぬ投げ合いとなり、緊迫した投手戦となった。

 両チーム3回までノーヒット、4回裏、メディックスは二死から四球の走者を出し、5番・田中江理奈がライト前にチーム「初安打」を放つと、一塁走者が一気に三塁まで進塁。二死ながら一・三塁のチャンスをつかんだが、次打者がピッチャーゴロに倒れ、無得点。

 VERTZもその直後の5回表、二死から7番・佐々木彩葉がレフト前にチーム「初安打」を放つと、8番・本間紀帆も四球を選んでつなぎ、一・二塁とチャンスを広げたが、後続がショートライナーに倒れ、無得点。両チームとも「決定打」のないまま、試合は最終回を迎えた。

 メディックスは7回裏、この回先頭の6番・田邊奈那がセンター前ヒットで出塁。続く7番・水戸久瑠実は送りバントの素振りも見せず、「強気」の強攻策。これがズバリと的中し、右中間を抜くサヨナラのタイムリーツーベース! 一塁走者が一気に還り、息詰まる投手戦にピリオドを打ち、メディックスが劇的なサヨナラ!! 通算成績7勝4敗とし、5チーム並びの「大混戦」の状態にあるものの、「同率2位」で前半戦を折り返した。

(※0-0で迎えた最終回、メディックスは安打の走者を一塁に置き、水戸久瑠実が劇的なサヨナラ二塁打を放つ!)

 敗れたVERTZは4勝7敗。この試合も「互角」の試合を演じていたのだが……。メディックスの「エース」ジョーダン・テーラーのチェンジアップを巧みに交えた緩急自在のピッチングの前に打線が沈黙。わずか1安打に抑え込まれ、6回まで散発2安打・無失点と力投した先発・黒木美紀を援護することができず、1点に泣き、完封負け。10位で前半戦を終えることになった。

1897
2021
5
9
05
09
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc