1部リーグ 第5節 20210509日()日立 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】田内愛絵里
敗戦投手【シオノギ】吉井朝香
打撃成績 【シオノギ】 
【日立】《本》鈴木鮎美
バッテリー
シオノギ●吉井朝香、信田沙南、千葉咲実-田島茉依、宇野有加里
日立○田内愛絵里、近藤光、坂本実桜-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節山形大会・第3日第2試合では、前日の豊田自動織機 シャイニングベガ戦に2-0の完封勝利を収め、通算成績を6勝4敗(Honda Reverta、トヨタ自動車 レッドテリアーズ、戸田中央総合病院 メディックスと並び同率4位)とした日立 サンディーバと、同じく前日トヨタ自動車 レッドテリアーズに0-6の完封負けを喫し、通算成績2勝8敗(11位)となったシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 試合はサンディーバ・田内愛絵里、ポポンギャルズ・吉井朝香の両投手が先発登板し、スタート。
 
 後攻のサンディーバは初回、3四球等相手投手の制球の乱れに乗じて一死満塁のチャンスを作り、5番・清原奈侑が二遊間をしぶとく破るタイムリー! チームを引っ張る「キャプテン」の一打で早々と1点を先制した。

(※初回、サンディーバが「キャプテン」清原奈侑のタイムリーで1点を先取)

 サンディーバは続く2回裏にも相手守備の乱れで1点を追加。3回裏にはこの回先頭の3番・鈴木鮎美がポポンギャルズの2番手・信田沙南からソロホームランを放ち、3点目。終盤6回裏にもポポンギャルズの3番手・千葉咲実を攻め、二死満塁から2番・松岡くるみのレフト前タイムリーで4点目を奪い、勝利を決定的なものとした。

 守っては、先発・田内愛絵里が初回いきなり二死満塁のピンチを背負ったものの、4イニングを投げ被安打1と好投。その後近藤光、坂本実桜とつなぎ、4-0の完封勝利。今節連勝を飾って通算成績を7勝4敗(トヨタ自動車 レッドテリアーズ、豊田自動織機 シャイニングベガ、デンソー ブライトペガサス、戸田中央総合病院 メディックスと並んで「同率2位」)とし、前半戦を折り返した。

 一方、ポポンギャルズは今節3連敗(第3節から含めると7連敗)を喫することとなり、通算成績2勝9敗(11位)に。苦しい「連敗のトンネル」を抜け出せないまま、前半戦を終えることになってしまった。

1896
2021
5
9
05
09
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc