1部リーグ 第5節 20210509日()豊田自動織機 VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】後藤希友
敗戦投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
打撃成績 【トヨタ】 
【豊田織機】 
バッテリー
トヨタ○後藤希友-切石結女
豊田織機●ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節山形大会・第3日第1試合は、前日日立 サンディーバに0-2の完封負けを喫し、通算成績7勝3敗(ビックカメラ高崎 BEE QUEEN、デンソー ブライトペガサスに並ばれ「同率首位」)となった豊田自動織機 シャイニングベガと、同じく前日のシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦に6-0の完封勝利を収め、通算成績を6勝4敗(Honda Reverta、日立 サンディーバ、戸田中央総合病院 メディックスと並んで「同率4位」)としたトヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦。
 
 試合はレッドテリアーズ・後藤希友、シャイニングベガ ダラス・エスコベドの両先発投手が息詰まる「投げ合い」を展開。0-0と互いに得点を奪えぬまま終盤に突入した。
 
 迎えた5回表、レッドテリアーズはこの回先頭の5番・峰幸代が四球を選び、出塁。6番・山崎早紀も一・二塁間を破るヒットで続くと、7番・石野江里佳の送りバントは三塁フォースアウトとなったが、走者が残って一死一・二塁。ここで8番・渥美万奈が放ったセカンドゴロが相手守備の乱れを誘い、二塁走者が一気に本塁へ生還。待望の1点を先制した。

(※5回表、レッドテリアーズが相手守備の乱れで1点を先制)

 守っては、先発・後藤希友が持ち前の「快速球」「テンポの良いピッチング」でシャイニングベガ打線を抑え込み、日本リーグ3年目にして自身初となる「ノーヒット・ノーラン」を達成! 1-0の完封勝利を飾り、今節連勝。通算成績を7勝4敗(豊田自動織機 シャイニングベガ、デンソー ブライトペガサス、日立 サンディーバ、戸田中央総合病院 メディックスと並び「同率2位」)とし、前半戦を折り返した。

(※レッドテリアーズの先発・後藤希友が「ノーヒット・ノーラン」達成!)

 一方、シャイニングベガは前日に続き打線が沈黙。レッドテリアーズ・後藤希友の好投の前に反撃の糸口すらつかめず、2試合連続の完封負け。今節1勝2敗と負け越し、通算成績7勝4敗(同率2位)で前半戦を終了することとなった。

1895
2021
5
9
05
09
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc