1部リーグ 第5節 20210508日()日本精工 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】寺田愛友
敗戦投手【日本精工】中村美樹
打撃成績 【太陽誘電】《本》川村莉沙、中溝優生②、門馬沙也加、永友遥《二》尾崎望良、木下華恋
【日本精工】 
バッテリー
太陽誘電○寺田愛友、山口美紀-西山しずく
日本精工●中村美樹、山田玲菜-重石華子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節島根大会・第2日第1試合は、前日(5月7日/金)のHonda Reverta戦に0-5で敗れ、通算成績1勝8敗。最下位に低迷する日本精工 Brave Beariesと、通算成績3勝6敗の10位、「借金3」と苦しい状況にある太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。

 先攻のソルフィーユは初回、Brave Beariesの先発・中村美樹の立ち上がりを攻め、1番・中溝優生が四球で出塁。次打者の犠打で二塁へ進み、二死後、4番・原田のどかが四球で歩き、一・二塁とすると、5番・川村莉沙がライトスタンドへ運ぶスリーランホームランを放ち、ソルフィーユがこの回3点を先制した。

(※ソルフィーユは初回、川村莉沙のスリーランホームランで3点を先制!)

 これで勢いづいたソルフィーユは3回表、この回先頭の1番・中溝優生が初球を狙い、センターの頭上を超えるソロホームランを放ち、まず1点を追加。さらに2番・松木瑛里が四球で出塁すると、続く3番・門馬沙也加が右中間スタンドに叩き込むツーランホームラン! 2点を追加し、4番・原田のどか、5番・川村莉沙の連打等で再び一死二・三塁のチャンスを作ると、7番・永友遥にもライト頭上を越えるスリーランホームランが飛び出し、この回大量6点を追加。序盤で早々と試合を決めてしまった。

 ソルフィーユは5回表にも3回途中から登板したBrave Beariesの2番手・山田玲菜を攻め、代打・木下華恋のツーベースヒット、犠打、死球、盗塁で一死二・三塁の追加点のチャンスを作り、代打・竹田采実のセカンドゴロで三塁走者が本塁突入を試みたが、これは本塁タッチアウト。二死一・三塁と場面が変わった後、一塁走者が盗塁を成功させ、二死ながら二・三塁とチャンスを作り直すと、1番・中溝優生がこの試合2本目となるホームランをレフトスタンドへ叩きこみ、ダメ押しの3点を追加。12-0とリードを広げた。

 一方、Brave Beariesはソルフィーユの先発・寺田愛友の前に5回まで散発4安打。6回から登板した山口美紀にも抑えられ、最後まで得点を挙げられず、投手陣も5本の本塁打を浴びる等、ソルフィーユ打線の「猛攻」に晒され、大量失点。投打に元気なく0-12の大敗を喫し、通算成績1勝9敗。開幕「5連敗」の後、第3節刈谷大会でのシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦で「今シーズン初勝利」を挙げたものの、その後は再び「4連敗」と苦しい状況が続いている。

 ソルフィーユはこれまでの「鬱憤」を晴らすかのように打線が爆発! 5本のホームランを含む9安打で12点を奪い、ルーキー・寺田愛友、山口美紀とつなぐ投手リレーでBrave Bearies打線に最後まで得点を許さず12-0で大勝! ルーキー・寺田愛友が嬉しい日本リーグ「初勝利」を挙げ、チームも通算成績4勝6敗とし、同率8位。前半戦も残り1試合、この「大勝」の勢いを次戦につなげ、後半戦では「巻き返し」を図りたいところだ。

1893
2021
5
8
05
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc