1部リーグ 第5節 20210508日()デンソー VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】メーガン・グッド
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【伊予銀行】《三》安川裕美
【デンソー】《二》メーガン・グッド
バッテリー
伊予銀行●庄司奈々-若林舞
デンソーカーリー・フーバー、○メーガン・グッド-小島あみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節高崎大会・第2日第1試合は、ここまで6勝3敗の「同率2位」、2年連続の「決勝トーナメント進出」へ向け、好位置につけるデンソー ブライトペガサスと、前日(5月7日/金)のナイトゲームで「3連覇」を狙うビックカメラ高崎 BEE QUEENに3-2で競り勝ち、通算成績4勝5敗。まずはこの試合に勝って「勝率5割」に戻し、さらに「上」を狙いたい伊予銀行 VERTZが対戦した。

 ブライトペガサスは初回の守備につくと同時に「3番・DP」のメーガン・グッドがFP・カーリー・フーバーのピッチャーの守備を兼務。「実質的な先発投手」となり、試合をスタートさせた。
 メーガン・グッドはその立ち上がり、1番・正木朝貴の打席でフルカウントからの投球が「イリーガルピッチ」を宣告され、四球で歩かせてしまい、すかさず盗塁に成功。続く2番・松成あゆみに三遊間を破られ、無死一・三塁となった後、一塁走者が再び盗塁。二・三塁のピンチを招いたものの、後続を浅いセンターフライ、強烈な当たりのセカンドゴロ、ピッチャーフライに打ち取り、初回のピンチを切り抜け、何とか無失点の滑り出しを見せた。

 一方、ブライトペガサスはVERTZ・先発の庄司奈々を攻め、初回は一死一・三塁、2回裏にも二死二・三塁のチャンスを作りながら「あと一本」が出ず……。ようやく3回裏、一死から3番・メーガン・グッドが左中間二塁打。4番・佐野由貴美のセンターフライで代走に起用されていた花浦ひかりがタッチアップから三塁へ進塁。二死ながら走者を三塁へ進めると、5番・洲鎌夏子がライト前にクリーンヒット。三塁走者を迎え入れ、ブライトペガサスが待望の先取点を挙げた。

(※ブライトペガサスは3回裏、二死三塁から洲鎌夏子のタイムリーで先取点を挙げる)

 ブライトペガサスは続く4回裏にも、連続四球、犠打で一死二・三塁とし、9番・白石望美のセンター前へのタイムリーで1点を追加。なお一死一・三塁のチャンスが残り、次打者のセカンドゴロの間に一塁走者が二塁へ進み、二・三塁とした後、2番・山田恵里がライト前にタイムリーを放ち、この回2点目。3-0とリードを広げた。

 3点を追うVERTZは6回表、一死から「打撃好調」な4番・安川裕美がライト線へ三塁打を放ち、反撃のチャンスを作ると、5番・飯田瑞稀がキッチリとセンターへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。1点を返し、2点差に追い上げた。

(※VERTZは6回表、安川裕美の三塁打、飯田瑞稀の犠牲フライで1点を返したが…)

 最終回にも、この回先頭の7番・浅石彩菜がレフト前に落ちるヒットを放ち、最後まで粘りを見せたものの、後続がサードライナー、空振り三振、セカンドゴロに倒れ、試合終了。追撃及ばず1-3で敗れ、通算成績4勝6敗となり、「勝率5割」復帰はならなかった。

 勝ったブライトペガサスは7勝3敗。「実質的な先発投手」となったメーガン・グッドが投打に活躍。移籍・加入した「新戦力」洲鎌夏子、山田恵里にもタイムリーが飛び出し、3-1で快勝。山形大会の第1試合で「単独首位」に立っていた豊田自動織機 シャイニングベガが敗れたこともあり、「同率首位」に並んだ。

1891
2021
5
8
05
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc