1部リーグ 第5節 20210508日()シオノギ製薬 VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】三輪さくら
敗戦投手【シオノギ】吉井朝香
打撃成績 【トヨタ】《本》有吉茜、山崎早紀《二》渥美万奈、古澤春菜
【シオノギ】 
バッテリー
トヨタ○三輪さくら-切石結女
シオノギ●吉井朝香、千葉咲実、信田沙南-田島茉依、氏丸陽南

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節山形大会・第2日第2試合では、前日の豊田自動織機 シャイニングベガ戦に3-5で敗れ、通算成績2勝7敗。依然11位と苦しい戦いが続いているシオノギ製薬 ポポンギャルズと、前節ホームの豊田大会で2勝1敗。通算成績5勝4敗でHonda Reverta、日立 サンディーバと同率5位に並ぶトヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦した。

 ポポンギャルズ・吉井朝香、レッドテリアーズ・三輪さくらの両投手が先発登板し、スタートした試合は、先攻のレッドテリアーズが初回、四球、送りバントで一死二塁とし、3番・鎌田優希の二遊間を破るタイムリーで早々と1点を先制。

(※初回、レッドテリアーズが鎌田優希のタイムリーで先制点を奪う)

 先手を取ったレッドテリアーズは続く2回表にもヒット、四球等で二死一・二塁とし、1番・石川恭子、2番・伊波菜々の連続タイムリーで2点を追加。

 5回表には二死二塁から途中出場の5番・有吉茜がレフトへツーランホームラン! 続く6番・山崎早紀もレフトへ「完璧な当たり」のソロホームランを叩き込み、一挙3点を加え、試合の大勢を決めた。

 守っては、先発・三輪さくらが立ち上がりから「気持ちの入った」速球で押しながらも「緩急」を効果的に駆使し、ポポンギャルズ打線を翻弄。奪った三振の数は3つながら「凡打の山」を築かせ、見事日本リーグ史上13人目となる「完全試合」(※投球数91、三振3、内野ゴロ6、内野飛3、内野直3、外野飛6)を達成。6-0と完勝し、通算成績を6勝4敗とした。

(※レッドテリアーズ・三輪さくらが「完全試合」の偉業達成 !! )

 一方、敗れたポポンギャルズはこれで第3節から6連敗を喫することとなり、通算成績2勝8敗。前日の試合から一転、この日は頼みの打線もレッドテリアーズ・三輪さくらの好投の前に完全に沈黙。日本リーグでは2年ぶりとなる “パーフェクトゲーム” 達成を許してしまった。

1890
2021
5
8
05
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc