1部リーグ 第5節 20210508日()豊田自動織機 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】坂本実桜
敗戦投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
打撃成績 【日立】《本》鈴木鮎美
【豊田織機】 
バッテリー
日立○坂本実桜-清原奈侑
豊田織機●ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節山形大会・第2日第1試合は、前日のシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦に5-3で勝利(第2節/デンソー ブライトペガサス戦から「6連勝」)し、通算成績7勝2敗で「単独首位」に浮上した豊田自動織機 シャイニングベガと、前節1勝2敗と負け越し、通算成績5勝4敗(Honda Reverta、トヨタ自動車 レッドテリアーズと並び「同率5位」)となかなか波に乗れずにいる日立 サンディーバが対戦。

 シャイニングベガ ダラス・エスコベド、サンディーバ・坂本実桜の両投手が先発登板し、はじまった試合は、先攻のサンディーバが初回、一死一塁から3番・鈴木鮎美のレフトへのツーランホームランで2点を先制。今年トヨタ自動車 レッドテリアーズより移籍・加入した「頼れる新戦力」の「豪快な一発」で早々と先取点を挙げた。

(※サンディーバが初回、鈴木鮎美のツーランホームランで2点を先制!)

 守っては、先発・坂本実桜が持ち味の「緩急巧み」で「コーナーをキッチリ突く」丁寧なピッチングを展開。初回二死から圧巻の10連続三振、5回二死までパーフェクトピッチングを続けるという快投を披露し、終わってみれば被安打2・奪三振12の文句なしの投球内容で完封勝利。前日の勝利で単独首位に立っていたシャイニングベガを2-0と見事撃破し、通算成績を6勝4敗とした。

 一方、シャイニングベガは前日に続く勝利(第2節/デンソー ブライトペガサス戦から7連勝)を狙って「エース」ダラス・エスコベドを先発登板させたが、初回に強烈な先制パンチを浴び、いきなり失点……。頼みの打線もサンディーバ・坂本実桜の好投の前になす術なく、完封負けを喫し、連勝は6でストップ。通算成績7勝3敗となり、この日勝利したビックカメラ高崎 BEE QUEEN、デンソー ブライトペガサスとともに再び「同率首位」を形成する格好となった。

1889
2021
5
8
05
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc