1部リーグ 第5節 20210507日()Honda VS 日本精工

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
敗戦投手【日本精工】山田玲菜
打撃成績 【日本精工】《二》黒木美佳
【ホンダ】《本》杉本梨緒、木村愛、糟谷舞乃
バッテリー
日本精工●山田玲菜-重石華子
ホンダ○ジェイリン・フォード、竹田早希-棚町佳奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節島根大会・第1日第1試合は、前節(第4節)終了時点で通算成績4勝4敗の勝率5割で7位、「悲願」の日本リーグ「初優勝」を成し遂げるには、ここが「正念場」、踏ん張りどころのHonda Revertaと、通算成績1勝7敗で「2勝目」が遠く……「テールエンド」から抜け出せずにいる日本精工 Brave Beariesが対戦した。

 Revertaは2回裏、Brave Beariesの先発・山田玲菜をとらえ、この回先頭の4番・森山遥菜が死球で出塁し、次打者の犠打で二塁へ進塁。一死二塁とチャンスを広げると、続く6番・杉本梨緒がワンボールからの2球目をとらえ、センターオーバーのツーランホームラン! この回2点を先制し、試合を優位に進めた。

(※0-0で迎えた2回裏、杉本梨緒のツーランホームランでRevertaが2点を先制!)

 Revertaが2点をリードしたまま、迎えた5回裏には、二死から「代打」に起用されたルーキー・木村愛、2番・糟谷舞乃に二者連続のソロホームランが飛び出し、2点を追加。さらに6回裏にも、この回先頭の4番・森山遥菜が四球で出塁すると、代走・菱谷香実を送り、すかさず盗塁。一死後、6番・杉本梨緒が四球を選び、一・二塁と塁上に走者を溜め、続く7番・渡邉瑞貴がライト前にタイムリーを放ち、ダメ押しの1点を追加。5-0と大きくリードを奪った。

 一方、Brave Beariesは、Revertaの「左のエース」ジェイリン・フォードの前に打線が沈黙。6回まで9三振を奪われ、わずか2安打では打つ手がなく、最終回、この回から代わった今シーズン「初登板」の竹田早希を攻め、二死一・二塁としたものの、最後の打者がショートライナーに打ち取られ、試合終了。0-5の完封負けで通算成績1勝8敗。「2勝目」は遠く……またしても勝ち星を挙げることができなかった。

 Revertaは自慢の「パワフル打線」が3本のホームランを放つ等、5点を奪い、守っては「左のエース」ジェイリン・フォード、竹田早希とつなぐ投手リレーでBrave Bearies打線を完封。投打の歯車がガッチリと噛み合い、通算成績5勝4敗とし、「同率5位」に順位を上げ、上位争いに踏み止まる貴重な勝ち星を挙げた。

1888
2021
5
7
05
07
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc