1部リーグ 第4節 20210425日()日立 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】ケイラニ・リケッツ
敗戦投手【伊予銀行】黒木美紀
打撃成績 【伊予銀行】 
【日立】 
バッテリー
伊予銀行●黒木美紀、庄司奈々-安川裕美
日立田内愛絵里、○ケイラニ・リケッツ、田内愛絵里-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節豊田大会・第3日第1試合は、ここまで4勝4敗の勝率5割、ここで踏ん張り、「上位争い」に踏み止まりたい日立 サンディーバと、通算成績3勝4敗と勝率5割を割り込み、この試合に勝ってまずは「五分の星」に戻したい伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 サンディーバは守備につくと同時に「5番・DP」のケイラニ・リケッツがFP・田内愛絵里のピッチャーの守備を兼務。「実施的な先発投手」として登板すると、連続三振、ファーストゴロで三者凡退の立ち上がりを見せ、「試合の流れ」をサンディーバに引き寄せた。
 
 サンディーバは2回裏、VERTZ・先発の黒木美紀をとらえ、4番・山口みどり、5番・ケイラニ・リケッツの連打で無死一・二塁とし、6番・清原奈侑が犠打で走者を確実に進め、二・三塁とした後、7番・高瀬沙羅の打席でヒットエンドランを敢行。三塁走者を迎え入れ、サンディーバが先取点を挙げた。

(※サンディーバは2回裏、一死二・三塁から高瀬沙羅がヒットエンドランを決め、先取点!)
 
 これで勢いづいたサンディーバは続く3回裏にも、二死走者なしからバントヒット、四球、敵失で満塁とし、5番・ケイラニ・リケッツ、6番・清原奈侑の連続タイムリーで2点を追加。先発・黒木美紀をKOし、代わった庄司奈々からも押し出しの死球、8番・炭谷遥香の2点タイムリーで3点を奪い、この回大量5点を挙げ、早々と勝負を決めてしまった。

 一方、VERTZはサンディーバの「実施的な先発」ケイラニ・リケッツに抑え込まれ、4回表は先頭打者が安打を放ったものの、走者を進められず、無得点。続く5回表には5番・正木朝貴、7番・本間紀帆の安打等で一死一・三塁と攻め立てながら後続なく得点に結びつけることができず、ようやく最終回、6回から再出場して登板していた田内愛絵里を攻め、4番・安川裕美、5番・正木朝貴の連打で無死一・二塁。次打者のライトフライで二塁走者がタッチアップから三塁へ進み、7番・本間紀帆の犠牲フライで三塁走者が生還。1点を返し、完封こそ免れたものの、1-6と大敗。今節連敗で通算成績3勝5敗となってしまった。

 勝ったサンディーバは5勝4敗。4勝2敗の「同率首位」で迎えた今節、1勝2敗と負け越してしまい、大混戦の渦中に飲み込まれる形となってしまった。

1884
2021
4
25
04
25
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc